若年性重度心不全への当院の関わり

2022年1月4日

在宅診療NOW

まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム

 

あけましておめでとうございます。今年も地域の方々に、生活に根付いたご自宅での医療を提供したいと思います。

さて、前回の続きです。重度心不全患者に我々がどう関わったのかをお伝えします。

独りで生活をしたいけどできない……。その場合は介護サービスが必要になりますが、介護保険適用は、原則65歳以上なら要介護か要支援認定を受けた方、40~64歳までならがんなどの特定疾病が原因で介護が必要となった方となります。そこには、心不全は含まれてはいません。

歩行をするのに手すりが必要、トイレに行くのにポータブルトイレが必要、身体が動かせないので身体を拭いたりするのにヘルパーが必要――などの介護サービスは、心不全の場合は介護保険では受けられないのです。

そのため、生活の不足しているところをどうするかは、主たる介護者である親御さん次第で決まります。

今回のケースでは、ご本人が「自宅で可能な限り過ごしたい」と強く望まれたので、親御さんも悔いを残さないように、我々スタッフと一緒にチームの一員として頑張ってもらうことにしました。

高齢の親御さんには、できることには限りがあります。その分、当院看護師が日々の点滴交換や皮膚のケアなどをヘルパーが来られない分まで行い、一回の訪問看護に半日かけていました。

また、息が苦しいなど症状がある場合は、治療方針を丁寧に説明したうえで、ご本人とチームが同じ方向を向くように努め、在宅でできる治療を目いっぱい行いました。

一方、そうしている間も、介護者の親御さんの表情などを読み取りながら、口では大丈夫と言っていても不安が強そうな場合は、日に数回訪問してメンタルケアもしていきました。そんな時に、親御さんの口から「息子は仕事を辞めたら、親の介護をするためにヘルパーの資格を取るつもりだったんだ」などの昔の話をお聞かせいただくなど、親子間の絆が確認できる場面もありました。

このようにして、患者さん、ご家族の在り方を理解しながら、その人生に関わっていけたと思います。

在宅医療は、病気だけではなく、患者家族の全体を見ることも求められます。それを大切に、当院は今年も頑張ります。

プロフィール

松原 清二

在宅療養支援診療所「まつばらホームクリニック」院長。東京医科大学卒業後、複数の病院勤務を経て、2015年5月に同院開院。西東京市を中心に、練馬区・東久留米市・武蔵野市・新座市などの一部地域を訪問診療で回っている。総合内科専門医、循環器内科医。日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医、認知症専門医、認知症サポート医。公式ホームページ:まつばらホームクリニック

編集部おすすめ

1

9月23日は二十四節気の秋分。太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等分です。 季節はこれから「陰」の気を深くしながら、秋の夜長へと移行していきます。空気も澄んで、夜空に輝く月もひときわ美し ...

2

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

3

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

4

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

5

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

6

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

7

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

8

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

9

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.