医師等の関わりと在宅医療のジレンマ

在宅診療NOW

まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム

 

前回は心臓リハビリ研究会で医師、看護師、理学療法士、栄養士などからさまざまな質問があったことを書きました。

栄養に関しては、塩分を抑えめにし、高タンパク、高カロリーの食事を提案するなどの在宅医療での介入はどうだったのか。また、心不全で呼吸困難があるならば、呼吸筋の使い方や呼吸の仕方などの呼吸リハビリはどうだったのか――などの質問がありました。

ただ、当院が事例紹介した患者さんの場合は、ご自宅ではそのような介入は希望されず、自分の好きな物を食べ、自分の限られた余生を自宅で母親と過ごしたいという希望でしたので、各プロフェッショナルからはジレンマが生じる状況だったかもしれません。
また病気が進行し、息が苦しくなり、心臓に対する薬物治療(強心剤や利尿剤など)や在宅酸素療法、症状緩和を目的とした麻薬の使用でも症状がなかなか改善しなくなると、医師には、特に家族が間近にいない時の患者さんを思い、家族に対して心理的な焦燥感を持つことも出てきます。さらに、重症になればなるほど処置に時間がかかるため、限られた時間で地域を回らなければならない訪問看護では、医療面に限りが出てしまいます。

とはいえ、患者さんに「とにかく家が良い」という気持ちがある以上、こういったパーソンドケアに医療者がどこまで関わっていくかは、各医療機関に委ねられています。  そこで次回は、心不全における医療介護制度での問題点、そして当院ではどのように工夫をし、どのように治療に関わっているのか、当院のチームのあり方についてご紹介いたします。

プロフィール

松原 清二

在宅療養支援診療所「まつばらホームクリニック」院長。東京医科大学卒業後、複数の病院勤務を経て、2015年5月に同院開院。西東京市を中心に、練馬区・東久留米市・武蔵野市・新座市などの一部地域を訪問診療で回っている。総合内科専門医、循環器内科医。日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医、認知症専門医、認知症サポート医。公式ホームページ:まつばらホームクリニック

編集部おすすめ

1

小平市では、コロナ禍における消費減少の喚起と、非接触の決済方式を広めることを目的に、「あなたの街のau PAYキャンペーン」を実施する。 令和3年12月1日(水)〜令和4年1月31日(月)まで、キャッ ...

2

お得キャンペーンで関心高まるマイナンバーカード マイナンバーカードの取得者に5000円分のマイナポイントを付与する事業の第2弾がスタートしたのを受け、各市とも申請のサポート体制を整えている。特に小平市 ...

3

「タウン通信」で運勢鑑定のコーナー「星のオキテ」を本紙で連載している九星気学研究家・野村徳子さんが、昨秋、『気学が導く開運パワースポット』を出版した。 パワースポットの見つけ方や開運の方法などを紹介す ...

4

春風献上。 コロナ禍の下で迎える2回目の新しい年がスタートしました。 2022年は十二支でいえば寅年であり、九星でいえば五黄土星年。この十二支と九星の組み合わせは36年に1回あらわれるもので、今年の立 ...

5

東久留米市の新市長となった富田竜馬市長が、12月28日(火)に初登庁し、午後に、就任記者会見を開いた。 冒頭、就任の挨拶として、「トップリーダーとして先頭に立って汗をかき、やれる、できるの気持ちが市全 ...

6

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年か ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.