在宅医療での「コロナ」ワクチン

在宅診療NOW

まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム

 

6月以降、西東京市も急ピッチで新型コロナウイルスワクチンを打っています。

4月ごろには、私の頭の中では、1日6人、患者さん宅で打っていけば、3週間で120人の全患者さんをカバーできる、と思っていました。

ただ、よく考えると、注射後の観察が15分から30分となると、通常業務に加え90分から180分も時間がかかることになります。仕事が夜の12時過ぎまで終わらない恐れさえあります。

これはマズいと思い、数人の在宅医療の仲間にやり方を聞いてみたところ、在宅では対応できないという結論でした。

とはいえ、多くの患者さんはワクチンを希望されています。

何とかならないかと考え、ワクチン接種の時だけは、1日4人ほど外来に来てもらうことを計画しました。
加えて、1日2人まで、人工呼吸器の使用者や、身体が固まって動けないような人にはご自宅で注射をすることを考えました。

そこで患者さんにアナウンスしたところ、3分の2の患者さんは、外来でのワクチン接種に協力してくれました。

ただ私も経験のないワクチンなので、外来で接種したその日のうちに、訪問か電話で副反応が出ていないかを確認するようにしています。

今のところは、大きなトラブルもなく安心しています。

報道ではワクチン接種の進んだイスラエルなどでは、マスクもせずに外食できるなど、少しずつ希望の光がさすような効果も出ています。

日本も、早く安心した日常が送れるように、今後に期待したいところです。

プロフィール

松原 清二

在宅療養支援診療所「まつばらホームクリニック」院長。東京医科大学卒業後、複数の病院勤務を経て、2015年5月に同院開院。西東京市を中心に、練馬区・東久留米市・武蔵野市・新座市などの一部地域を訪問診療で回っている。総合内科専門医、循環器内科医。日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医、認知症専門医、認知症サポート医。公式ホームページ:まつばらホームクリニック

編集部おすすめ

1

二十四節気の清明(4日)、穀雨(19日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気の伸長が実感されるころです。 今月は十二支でいえば辰の月。辰年の辰月で、辰がふたつ重なっています。暦 ...

2

デジタル地域通貨 東村山市内の登録店で電子決済できるデジタル地域通貨「東村山アインPay」が昨年12月25日に始まり、3週間でダウンロード数が1万2000件を超えるなど、予想を上回る好スタートを見せて ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.