コロナ禍のフレイル

在宅診療NOW

まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム

 

新型コロナウイルス感染症による災害的な状況に緊張を強いられて過ごす日々が、1年半以上になっています。足腰が弱っている方々も、たくさんお見受けするようになりました。

ご年配の方で病院に通院されている方では、以前は受診の帰りに、“街ブラ”をして外食をするのを楽しみにしていたり、何年も通っていて自分のことを分かってくれているかかりつけ医と話すことで心が癒やされる……といった状況がありました。

しかし、そんなことがコロナ災害でできなくなり、外を出歩かないため老化現象が進んでしまった……という方が増えつつあります。  

部屋の中を歩くのがやっと――という、いわゆるフレイルの方も増えてきており、以前から在宅医療を外来で勧められていた方が当院に訪問診療を依頼してくるケースも多くなっています。  

こういったケースで問題になるのは、転倒と骨折です。とくに高齢者の骨折は、骨強度が低下する骨粗鬆症によるものが多く、部位としては、背骨や大腿骨、腕の骨折が多く認められます。特に大腿骨頸部、転子部骨折は発症から1年後の死亡率が10%程度認められており、社会問題となっています。骨粗鬆症の早期発見と取り組みは大切です。  

次回は当院での骨粗鬆症に対する取り組みについてお話ししていきたいと思います。

プロフィール

松原 清二

在宅療養支援診療所「まつばらホームクリニック」院長。東京医科大学卒業後、複数の病院勤務を経て、2015年5月に同院開院。西東京市を中心に、練馬区・東久留米市・武蔵野市・新座市などの一部地域を訪問診療で回っている。総合内科専門医、循環器内科医。日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医、認知症専門医、認知症サポート医。公式ホームページ:まつばらホームクリニック

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.