キーパーソン

2022年2月2日

在宅診療NOW

まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム

在宅で患者さんを診ているとさまざまなご家族にお会いします。初診の時にお会いするご家族、お見舞いに来られてお会いする遠方にお住まいのご家族、患者さんの容態が悪くなった時にお会いするご家族などなど。

通常の診療では、こちら側と家族側の意見を滞りなく交わしていけるように、ご家族側で1人キーパーソンを決めてもらい、その方にお話をするようにしています。

先日、一人暮らしのがんの男性で、数十年来のご友人に何かと面倒を見てもらっているという方がいました。初めの頃は学生時代の成績自慢をお互いにされていて、「忌憚なく言い合える家族以外の古い付き合いは羨ましいなあ」と思っていました。ご友人は、抗がん剤治療の投与の適応などで地域の基幹病院に行く際には付き添いをし、その状況を私にこまめに連絡してくださり、緩和医療に移行する話が出たときにも、「最期を自宅かホスピスかにするかは、本人の意思を尊重したい」と話されていました。

ところが……。終末期になると、遠方のご家族がお見舞いに来て、残念ながらご友人が終末期に関わることができなくなってしまいました。ご友人は、とても寂しがっていました。

日本では医療の意思表示は本人、本人の意思表示が難しければ家族が行うことになります。代理の医療同意権は、他の方は認められていません。

リアルワールドでは、法律と現実のギャップを考えさせられることが多いです。

プロフィール

松原 清二

在宅療養支援診療所「まつばらホームクリニック」院長。東京医科大学卒業後、複数の病院勤務を経て、2015年5月に同院開院。西東京市を中心に、練馬区・東久留米市・武蔵野市・新座市などの一部地域を訪問診療で回っている。総合内科専門医、循環器内科医。日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医、認知症専門医、認知症サポート医。公式ホームページ:まつばらホームクリニック

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.