小平神明宮

青梅街道を挟んで、小川寺とほぼ面するようにある小平神明宮は、近隣の小川寺、日枝神社と同じく、小川村開拓の祖・小川九郎兵衛によって開かれた神社です。

開拓にあたり、村の鎮守を求めたとのことで、九郎兵衛の出身地である多摩郡岸村(現・武蔵村山市)に鎮座していた産土神を勧請したと伝わっています。御主神は大日孁貴尊、すなわち天照大御神です。太陽、天の恵み、農耕などを象徴する神を祀るところに、開拓にかけた当時の人々の思いが表れています。

実際、神社を創建する動きは、開拓の許可が下りるとともに始まっています。そして、その社殿は、小川村開拓の許可が出てから5年後の1661年(寛文元年)に建立されています。

境内の様子を50秒ほどの動画にまとめています。雰囲気など感じてみてください。

動画(53秒)

 

今よりも375メートルほど北側にあった

創建当初の境内は、青梅街道に面する現在地よりも375メートルほど北側で、野火止用水に面して建てられていました。

興味深いのはその神主を京都・吉田家の系列となる宮崎家が務めていることです。同時期に村内に建立された日枝神社(日枝山王社)の神主は、江戸・麹町山王社系列の山口家が務めており、狭い村内に、京都の権威と江戸の権威が併存していたことが分かります。

新しい村として各方面に気を配る必要性があったのか、あるいは、さまざまな権威の力を神頼みのような思いで求めたのか、興味は尽きません。

境内が現在地に移ったのは1681年(天和元年)9月のこと。村人が参拝しやすいようにと遷座したようで、やはり、青梅街道が村の中心にあったということなのでしょう。

新しい地に社殿が建立されたのは30年後の1710年(宝永7年)のことで、その事実は、ともかくも遷座を優先しようという村人の思いを物語ります。

 

参道沿いに「小川村開拓碑」

このように、小川村開拓の歴史と共にある神明宮には、小平市有形文化財に指定されている「小川村開拓碑」があります。

これは、1918年(大正7年)に開拓者・九郎兵衛の子孫が「九郎兵衛250年祭」を記念して、村民と共に建立したものです。九郎兵衛の功績などが記されています。

この碑で注目すべきは、その篆額(石碑上部にある題字)で、当時の総理大臣・寺内正毅による筆です。記念碑を建てるにあたっての、子孫や村人の思いが伝わってきます。

シベリア出兵の年でもあり、ここでもやはり、共同体の強化や郷土愛醸成などの狙いもあったのかもしれません。

 

風格ある神社

小平神明宮の魅力は、その静けさと風格にあるように思われます。

青梅街道から境内に足を踏み入れると、入り口すぐに用水が流れ、清涼感が漂います。鳥居をくぐると、長い参道が……。

参道を覆うように大木が葉を繁らせており、気持ちを鎮めながらゆっくりと拝殿へと向かえます。ここが村の総鎮守であったということに、誰もが納得することでしょう。

立ち寄る際は、ぜひ、すぐそばの小川寺(開拓の祖・小川九郎兵衛の墓がある)も併せて訪ね、開拓当時に思いを馳せてみてください。

 

データ

小平神明宮

◎東京都小平市小川町1丁目2573

◎042-341-0407

ホームページ

編集部おすすめ

1

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

2

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

3

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

4

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

5

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

6

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

7

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.