幼児の「土台」をつくって19年 「ひよこ親子教室」主宰 村田 真由美さん

幼児の集いの場「ひよこ親子教室」を続けて19年になるという村田真由美さん。

「ひよこ親子教室」では3歳までを対象にしており、先月末にも、子ども・保護者を送り出す場面がありました。

母たちからは「くじけず続けてよかった」「みんなと一緒に卒会できて、感激しています」――と、笑顔と涙。

延べの卒会者は、この春で549組を数えました。

この間、一貫してきたのは、2歳、3歳の子どもたちの、" 人としての「土台」づくり”です。

 

子どもだけでなく、ママたちをサポートする

現在の「教室」の活動は月10日ほど。西東京市民会館を会場に、2・3歳児とその親を対象に、工作や体操、季節の行事体験などを行っています。

子ども同士や親子の触れ合いを促すことで、心の成長とともに、礼儀・あいさつなどを身に付けてもらうのが大きな狙い。子育てに悩む母親たちの声を聞くことも大事な役割です。

「『それでいいんだよ』『ちょっと変えてみたら』という一言でお母さん方の気持ちは楽になっていきます。でもそのためには、まずはお母さん方との絆づくりが大事。子どもだけを見るのではなく、『親子』にかかわることを重視しています」

と村田さんは話します。

 

自身の子育てをきっかけに

活動を始めたのは、自身の子育てがきっかけです。

実はそれまで幼児教育や保育とはかかわりがなく、「子ども関係の活動だけは絶対したくない」と思っていたそうです。

が、“ママ友”と子育てのサークル活動を始めると、あれよあれよと、40組超の大所帯に。子育てに迷う母たちの多さを実感し、「教室としてちゃんとやりたい」と一念発起しました。

 

活動のために「保育士」資格も取得

そこからスタートして19年。その間には、「事故があってはいけない」と、保育士になる勉強をして資格も取りました。

今では、「教室」活動の一方で、資格を生かし、月に15日ほど保育園にも勤務しています。

家にいるときも「教室」のイベントの用意などで休む間もないという村田さん。そんな村田さんを支えるのは、よちよち歩きだった1歳児が立派に卒会していくのを見るという「楽しみ」です。

「途中で挫折しそうになる親子もいますが、『最後までやり続けよう。辞めたら何も残らないよ』と励ましながらやっています。苦しい時があるからこそ、ちゃんとあいさつして去っていく子どもたちを見ると、感激もひとしおですね」

むらた・まゆみ 埼玉県出身、2人の子が幼少時に西東京市に移住。サークル主宰を経て、「ひよこ親子教室」を発足し19年。保育士。西東京市在住

 

教室情報

同教室では、例年春に新期生を募集しています。西東京市民会館が閉館したため、現在は、西東京市向台町にある「A&Aスポーツセンター」を会場に教室を開いています。詳しくは村田さん(メールmayu1234aaa@yahoo.co.jp、ブログhttp://ameblo.jp/hiyoko-oyakokyoshitu)へ。

編集部おすすめ

1

『よく分かる気学(東洋占星術)入門』など著書多数の野村徳子さんが鑑定 暑中お見舞い 申しあげます。 7月はバカンスの季節とはいえ、今年はいつもと違う夏。どこへ行くにもまずコロナ対策。そして熱中症にも要 ...

2

感染者数が高止まりしているとはいえ、ひとまずは「外出自粛」「ステイホーム」などが解かれ、「新しい生活様式」のなかで日常生活が戻りつつある今。 このタイミングで改めて、地域医療を見つめてみました。 する ...

3

東久留米市に2店舗がある「スーパーコインランドリーしのみや」は、洗濯から乾燥までワンストップでできる、生活に便利なコインランドリーです。 大型、中型、小型と各機種があるので、量に合わせて無駄なく洗濯が ...

4

9月から使える「お食事券」を先に買ってください――。 新型コロナウイルスの影響で売上減少に苦しむ東久留米市の約30の飲食店が、このたび合同で、支援を呼びかけるクラウドファンディングに挑戦しています。 ...

5

武蔵野美術大学(小平市)内にある「武蔵野美術大学 美術館」で、7月中の日曜日の5日、12日、19日、26日の4日にわたり、「令和元年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開かれます。 大学 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.