[この町この人]絵と詩で生命に触れる 近森有造さん

水墨画の個展を開催する元中学校教諭

元中学校教諭。国語科を担当しながら美術部顧問などを務め、この地域でも、西東京市立ひばりが丘中、田無一中、田無四中で教壇に立った。プライベートでは10代から絵と詩の創作を続けており、退職した今は、一日の半分近くを筆を手に過ごす。8日㈰から22日㈰まで、同市にあるギャラリー「8cho8ma gallery」(向台町4の17の8)で、水墨画の個展を開く。

 

日府展で東京新聞賞を受賞した水墨画作品「海嘯」の前で

 

幼少時、体が弱かった。仮死状態で生まれ、滲出性中耳炎で毎日投薬され、小学3年のときにはネフローゼ症候群に。3、4カ月の自宅療養で改善するも、再発した2年後には、医師から親が呼ばれ、「尿毒症が出たら手の施しようがない。覚悟しておいてください」との宣告まで受けた。

そんな日々で考え続けたのは「死んだらどこに行くのか」ということ。ある日、顔なじみの僧侶から「死んだらな、別に透明な丸い世界があって、そこで生きられるから大丈夫だよ」と言われ、よく分からないながらも不安が薄らいだ。

気持ちが落ち着くと、創作や文学に心が傾いた。「人間の生き死にの深いところに関わっている」という感覚から、特に絵と詩に親しんだ。色弱ぎみだったことから美大はあきらめ、文学を専攻。国語科の教諭になった。

絵と詩は両輪。「誰に見せるでもなく」続けてきたが、20代後半で絵画は水墨画に絞り、今は絵を描く時間が長くなっている。

「『人、墨をするにあらず。墨、人を磨く(人非磨墨、墨磨人)』という言葉がある。墨をすること自体で自分を磨いているという感覚。墨の香りを嗅ぎながら気持ちがすーっと落ち着いていくのが好きですね」

教諭仲間の勧めで、美術展に出展し始め、以降、受賞することもしばしば。創作意欲は高まる一方だが、描くテーマは一貫して変わらない。

「山や海、自然――。子どもの頃から親しんできたそういうものが、自分の生きる根っこにある。それを描き、一つでも『生命』というものに触れられたなら、いつ息を引き取っても構わないなと思っています」

◇ちかもり・ゆうぞう 1954年高知県生まれ。中学校教諭の傍ら、詩の同人誌などを続けた。日府展にて日府賞(最高賞)、東京新聞賞、日府努力賞、日美展にて国際文化カレッジ賞の受賞歴あり。詩集に『今を生きる』がある。

     ◇

個展「愛しき生命(もの)達」は、8日から22日まで開催。正午から午後5時(22日は4時)まで。水墨画20点以上を展示。詳しくは同ギャラリー(☎042・466・9883、https://8cho8ma-gallery.jimdofree.com/)へ。

 

8cho8ma gallery

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.