健康づくりで「お得」がいっぱい  東くるめ わくわく元気plus+

健康づくりに取り組んで「カード」を入手すると、地域のお店の割引や一品サービスなどが受けられる――。

各市が健康増進事業に取り組むなか、東久留米市が、市民の健康づくりと地域振興につながる独自企画を展開しています。

1月にスタートし、1カ月で登録者は120人。登録店舗も130軒を超え、上々の滑り出しを見せています。

 

無料カードで、特典多数

同市が1月から始めたのは、「東くるめわくわく元気plus+(プラス)」という取り組みです。

健康への自分なりの取り組みなどを健康課に申請すると、無料で「カード」が発行されます。それを地域の協力店に提示することで、各店の独自特典を得られる仕組みです。

協力店は現在約130店に上り、10%引きや粗品進呈、デザートなどの一品サービスなどが受けられます。カード1枚で何回でも利用できるので、例えば、A店で買い物をして粗品を受け取った帰りに、B店で食事をして5%引きのサービスを受けるといったことも可能です。

カードは3カ月限定ですが、再申請は何度でもできます。

無料で発行してもらえる「東くるめ元気plus+カード」

 

スタート時点では、23歳から85歳までが参加

1月22日に本格的にスタートし、1カ月で登録者は23歳から85歳までの120人を数えました。アンケートでは回答者の9割が「継続したい」と答えており、市では手応えを感じています。

市とともに市民の立場で事業にかかわっている健康づくり推進員(推進員)・推進部会の会長・鷹羽粛さんは「従来の健康支援は個人に呼びかけるものだったが、これは町ぐるみで実施するところに特徴がある。地域振興にもつながるので、多くの市民に参加してほしいです」と話します。

ちなみに、店側の協力は有志によるもので、市からの助成やキックバックなどはありません。そうしたことから市は、当初30店程度の参加を見込んでいましたが、推進員の声かけなどにより、予想を遥かに超える協力を得られました。

ボランティア参加となる推進員には現在約40人が登録しており、健康課の林世津子係長は「市民の力を感じている」と話します。

ボランティア参加による「健康づくり推進員」たちの打ち合わせの様子

広がる「健康」施策

このような「町ぐるみで健康づくり」の取り組みは全国の自治体で進められており、地元でも、西東京市が老化現象を遅らせる「フレイル予防事業」に着手するなど、さまざまな動きが見られます。

背景には、高齢化に伴う医療費の増大やコミュニティの希薄化などがあります。

地域活動への参加と健康状態との関連性は多くの調査で明確となっており、今や、自治体にとって「健康づくり」は地域活性化、コミュニティ再生、財政改善などあらゆる面で重要テーマとなっています。

 

自治体では珍しい企画「クピオ」

東久留米市ではこのほか、国民健康保険加入者を対象とした「QUPiO(クピオ)」という健康事業も行っています。

クピオは健診などでグッズ等に交換可能なポイントがたまるもので、自治体では珍しい企画です。

「わくわく元気plus+」も「QUPiO」も、ともすると「お得」が先立つ感じがしますが、同部会・副会長の橋村幹生さんは「『お得』が入り口だとしても、市民の間に『健康』への意識が高まることが大切。みんなが少しずつ意識していくことで、市民の健康寿命は延びていくはず」と指摘します。

なお、地域協力店及び「お得」情報の一覧は市ホームページからも確認できます。

詳しくは同市健康課(042・477・0022)へ。

わくわく元気plus+


2017/1/11

町ぐるみで「虚弱」を防ぐ!

西東京市が東大と協定 「フレイル予防」 〜世界に向けてモデルをつくろう! シニアの健康づくりは「まちづくり」――。 いま注目の概念「フレイル」(=虚弱)を町ぐるみで予防しようという取り組みが、このほど、西東京市で始まります。 最先端で研究を続ける東京大学と連携して進めるもので、目標に、全国の見本となる「モデル」の確立を掲げています。 14日には第一人者による講演会も開かれます。 (※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています) 協定書を交わす東京大学の飯島勝矢教授(左)と、医 ...

ReadMore

2019/4/3

社会参加の意義とは⁉ 元保谷市長・都丸哲也さんに学ぶ

高齢者の心身の健康に、「社会参加」が注目されています。 社会参加は、外出の機会や人との交流、何より、知見を生かして社会貢献できることにつながり、高齢者の生きがいにもなります。 実際、この地元でも、年齢を感じさせないバイタリティーで地域活動をしている人は多いです。 その一人、今月98歳になる都丸哲也さんに迫りました。 生涯現役で走り続ける 元保谷市長。保谷町時代の町議から10年間議員として活動。1977年市長に当選。72歳まで4期16年を務め、とくに福祉と教育に力を注ぎました。 全国で初めて個室特別養護老人 ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.