ママが紡いで18年 リトミックサークル「マザーズカンパニー」

2018年1月26日

小平市で活動する「マザーズカンパニー」。音楽を聴いて音のイメージを表現し、リズムに合わせて身体を動かす音楽教育法の「リトミック」を取り入れた子育てサークルで、2001年から活動しています。

市内で開かれる出産前の母親学級に参加したメンバーを中心に発足したもので、これまでに500組以上の親子が参加し、卒業していった同サークル。現在は、同サークルに参加していた15名の母親で運営しており、活動場所の予約やブログによる広報などの準備を行なっています。

 

講師を務めるのは、音大でリトミック科を卒業した服部利さん。「自分が親だったら、子どもを入れたくなるようなサークルでありたい。大学時代、先生はリトミックのことを『大きな器をつくるもの』だと話していました。音楽を通じて、“感覚”という大きな枠の成長を促し、子どもの成長に携わることができれば幸いです。それが、自分のできる社会貢献だとも思っています」

 

 * * *

<取材レポート>

まずは、みんなでごあいさつ。

 

ピアノの音の速さに合わせて、ゆっくり歩いたり、早歩きするのが楽しいようで、最初からテンションMAXの子どもも!

 

 

次は、折り紙を使った工作コーナー。

折り紙でつくったカメラとフィルムで……

 

撮影会を行います。「パシャ、パシャ、パシャ!」と擬音をつぶやきながら、夢中になる子どもたち。

その後も、ピアノのリズムをハンドベルで繰り返したり……

ママさんおすすめの本の朗読があったり……

ダンボールや毛糸を使った工作があったりと、盛りだくさんの内容。羊が完成すると、服部さんが演奏する「メリーさんの羊」に合わせて、子どもたちがうれしそうに手遊びをしていました。楽しそうな子どもの表情って、本当に癒されます。

 

<サークル情報>

マザーズカンパニー

活動は各クラス月2回。各クラスや活動日などの詳細は、下記リンクのブログからご確認を。

 

http://motherscom.blog.fc2.com

 

 

<取材記者の一言>

「ああ、いいサークルなんだな」と感じたのは、すでに卒業したママさんたちでサークルの運営をしていると聞いたとき。今回、窓口になってくださった同サークルの結城さんが取材にも立ち会ってくださったのですが、その時に「自分たち親子が参加して本当に良かったと思えたので、サークルの存在を広めていきたいんです」と話していました。結城さんと同じような思いを持った15人のママさんたちが協力して、サークルの運営をしているのだそうです。

 

自分の子どもはもう卒業しているにも関わらず、限られた時間をサークルに割こうと思えるのは、すごいことですよね。講師である服部さんの人望でもあるのだと思います。

 

取材の最後に、ママさんの一人から「集合写真を撮ってくださいませんか?」と相談をされたのですが、それもサークルの雰囲気の良さを表すエピソードかと。「こういう、すてきなサークルが地域にあるんだなあ」と、なんだかうれしい気分になり、親子1組ずつの写真も撮らせていただいた石川でした。

 

(文・石川裕二)

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.