小平市長選立候補予定の小林洋子さんインタビュー

任期満了に伴う小平市長選挙が4月4日(日)投開票で行われるのを前に、タウン通信では、立候補を表明している小林洋子市議会議員にインタビューしました。

当サイトでは、昨年12月の小林市議の出馬表明会見の様子を記事掲載していますが、その段階では政策等に触れる部分が少なかったため、今回のインタビューで出馬動機、重視する政策などを詳しく聞いています。

 小平市長選に小林洋子議員が出馬表明

なお、同選挙には同じく市議会議員で現在議長を務める磯山亮市議も立候補を表明していますが、磯山市議は出馬会見で政策について詳しく説明しているので、タウン通信では改めてのインタビューは行いません。磯山市議の政策等については出馬会見の記事をご参照ください。

 小平市長選に磯山りょう議長が出馬表明

小林市議へのインタビューは、主要部分を約9分の動画にまとめています。下記の記事は、動画に収録した部分とほぼ同じです。

記事は、一問一答形式でまとめました。

動画(8分58秒)


 

お母さんたちの声を市政に反映したい

——改めて、出馬の動機を教えてください。

「私は今、市議会議員の3期目ですが、そもそも市議会議員を目指したのは、お母さんたちの声を市政に反映したい、という思いからでした。

私には4人の子どもがおり、子育てを通して、地域にたくさんのママ友がいます。

みんなで話していると、『公園に日陰がほしいね』『小平は児童館が少ないね』といった話題になります。
でもそれがその場の愚痴で終わってしまう。

それを愚痴ではなく、市政に反映させたいと思ったのが議員になった動機でした。

しかし、議員では―—もちろん、議員からの提案もできるのですが―—どうしても行政をチェックする仕事が主となります。

施策を提案するというのはやはり市長ですから、市長になって、子育てに限らず、市民の皆さんの声を吸い上げながら市政を行っていければと思っています」

 

女性活躍、防災、ICT推進が重点施策

——87項目を盛り込んだ「87(はな)の政策」を打ち出しました(リンク)。
政策が多岐にわたって掲げられていますが、全体として目指すものは何でしょうか。

また、特に力を入れることはどのようなものでしょうか。

「小平市がどうなっていきたいかということでいえば、自分が政治を目指したきっかけである『子育て』を欠かせません。子どもが笑顔でいられる町、地域で子どもをみていける町にしていきたいというのが大前提としてあります。

そのうえで、重点的に取り組むこととしては、まず取り組みたいのは『女性関連・ジェンダー平等施策の推進』です。というのも、これは結果が出るまでに時間のかかる施策ですから。
女性が市長になることで雰囲気も変わるはずですし、昇級のシステムの変更など一つ一つ取り組めればと思います。

それから、議員時代から『防災・減災』に取り組んできているので、それを進めたいと思っています。
実は私は、3月11日が誕生日です。議員になろうと決意した年に東日本大震災が起こったこともあり、震災に思いを深くすることになりました。

また、個人的な体験として、高校生の頃に家が全焼してしまったことがあります。
幸い誰も亡くなりはしませんでしたが、思い出の物が全部消えてしまうというつらい体験をしています。

そうしたこともあり、誰にも災害でつらい思いをしてほしくない、という気持ちが強くあるのです。

さらに、『ICTの推進』にも取り組みます。

現在、市に新しい部署もでき、DX(デジタルトランスフォーメーション)が始動しているので、それを加速させたいと思っています」

 

現在の小林正則市政を引き継ぐ

——現市政を引き継ぐと明言されていますが、一方で、現職の小林正則市長は「後継者指名はしない」とおっしゃっています。

「小林正則市長がおっしゃっているのは、ご自身の政治的理念から後継者指名というものはしないということです。
後継者を立てるということは、市長の職の私物化だというお考えからです。

そのような理由で『後継者』という言葉は用いませんが、小林正則市長とはこれまで一緒にやってきましたし、その市政を私が引き継ぐということについては小林正則市長からお墨付きをいただいています。

小林正則市長のなさってきた市政では、市の借金を減らす一方で、在任中に保育園を29園増やすなど、一見相反することを堅実な財政運営のなかで実現しています。

そうした市政を引き継ぎます。

特に今はコロナ禍ですから、堅実な財政運営をしつつ、市民の生活、命を守るという基礎自治体の役割をしっかりと果たしていきたいと思っています」

 

小平を大好きになってほしい

——最後に、政治信条があれば教えてください。

「私は小平で生まれ育っています。この町をもっともっと良くしたいという思いです。

4人の子どもを育て、多くの方と出会ってきたなかで思うのは、皆さんに小平を大好きになってほしい、ということです。

子どもたちが元気に笑顔になってほしい、という思いを込めて、政治団体名も『笑顔咲く小平』としています。

特に今はコロナ禍で不自由が多いですが、それでもどうやったら笑顔になれるのか、を考えたときに、そこで頼られるような市役所にしていきたいと思っています」

 

立候補予定者対談が動画で配信

今回の選挙は、小林洋子さん、磯山亮さんの一騎打ちの見込みとなっています(3月24日現在)。

両者の対談が、市民団体「政治知りたい、確かめ隊」などによって収録されており、4月4日まで動画配信の予定となっています。

動画はこちらから。

 ◎YouTubeの動画

 ◎公開演説会を動画で配信

小林洋子さんのプロフィール等は、「小平市長選に小林洋子議員が出馬表明」の記事をご参照ください。

 ◎小林洋子 公式サイト

 ◎磯山亮 公式サイト

2021/3/24

小平市長選挙に小林洋子議員が出馬表明

任期満了に伴う小平市長選挙が2021(令和3)年4月4日の投開票で実施されるのを前に、小平市の小林洋子市議会議員(フォーラム小平)が立候補を表明しました。 小林議員は立憲民主党に所属していましたが(11月に離党)、市長選挙には無所属で臨む予定です。推薦等は調整中とのことです(※1/28に追記。下記)。 まずは、出馬会見の様子を動画におさめましたのでご覧ください。  ◎小林洋子さんインタビュー(2021年3月22日にインタビュー) 動画(27秒)    出馬会見で現市政を評価 12月17日に記 ...

ReadMore

2021/3/24

小平市長選挙に、議長の磯山りょうさんが立候補表明

任期満了に伴う小平市長選挙が4月4日(日)投開票で実施されるのを前に、小平市議会議員で現在、議長を務める磯山りょうさんが、立候補を表明しました。 磯山議長は、愛知県尾張旭市出身の41歳。早稲田大学在学中に現・衆議院議員の松本洋平議員の選挙を手伝ったのを機に政治の道を志し、松本議員の秘書を経て、2011年に小平市議会議員に初当選。現在、3期目。2019年から議長を務めています。 1月29日には、地元選出の都議会議員・高橋信博議員の事務所で記者会見が開かれました。 その模様を、3分30秒ほどの動画に編集しまし ...

ReadMore

2021/3/24

小平市長選挙、候補予定者の公開演説会を動画で配信

任期満了に伴う小平市長選挙及び市議会議員補欠選挙が4月4日(日)投開票で実施されるのを前に、立候補予定者による公開演説会が動画で配信されます。 これまで小平市では、公開討論会の形で実施されてきましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今回は動画配信となりました。 3月21日頃に配信をスタートし、4月4日まで公開の予定です。 (上記画像から動画にアクセスできます)   市民団体「政治・知りたい、確かめ隊」が、小平青年会議所の協力を得て、主催します。 動画は同会からアクセスできます。 ◎政治 ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

2

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

3

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

4

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

5

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

6

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

7

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

8

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.