脳梗塞を知り、効果的な予防、リハビリを

小平中央リハビリテーション病院の理学療法士・島崎重和さんに聞く!

ベネッセスタイルケアが、医療機関の協力のもと開催する「地域医療セミナー」。

今月10日(日) には小平市・花小金井で、16日(土)には 国分寺市で、「脳梗塞の予防と予後のリハビリ」をテーマに理学療法士が話します。

セミナーに先がけて講師の島崎重和さんにお話を伺いました。

(主催/ベネッセスタイルケア  協力/小平中央リハビリテーション病院)

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

島崎 重和さん/ 理学療法士 医療法人社団 青葉会小平中央リハビリテーション病院リハビリテーション科科長

 

脳梗塞とはどんな病気?

――脳梗塞について教えてください。

「脳梗塞は脳の血管が詰まる病気で、出血を伴う「脳出血」や「くも膜下出血」と合わせた総称「脳卒中」のうちの一つで、その中で最も発症数が多いのが脳梗塞です。

脳卒中を含む脳血管疾患は、日本ではかつて長期にわたって死因の第1位だったこともあり、がん・心臓病とならび日本人の“三大疾病”と言われてきましたが、1960年代頃から高血圧への対策を強化したことによって死亡数は減少、近年の医療技術の進歩もあり、現在は死因の第4位となっています。

ところが、死亡率は改善されたものの新たに発症する患者数は減っておらず、脳卒中の有病者数は今後も増加すると推測されています。

これは脳卒中が生活習慣病の一つであり、中高年以降で発症することが多く、高齢化社会の進行が大きく影響していると言えます。

生活習慣と加齢によって進行する動脈硬化や、高齢者に多い不整脈のひとつ『心房細動』などが脳梗塞の主な原因とされています」

 

60%に後遺症が残ると言われている

――脳梗塞の怖さとは?

「生死に関わる病気だということはもちろん、一命をとりとめたとしても、長期間の入院治療や後遺症が残る可能性もあるために恐れられています。

発症した人の約60%が何らかの後遺症が残るといわれています。

後遺症はダメージを受けた部位や損傷の程度にもよりますが、主なものとしては「片マヒ」などの運動マヒや感覚障害、嚥下障害、失語症、高次脳機能障害などがあります。

脳梗塞を含む脳血管疾患は介護が必要な状態になる最大要因とされています。

突然発症し、予後も後遺症が残り要介護状態になることも多い脳梗塞は、患者さん本人はもとより、ご家族や周囲の方にとっても、予後の日常生活に大きな影響を及ぼすことになります」

 

リハビリはどのように?

――予後のリハビリに理学療法士はどのように関わるのですか。

「リハビリは発症直後の「急性期」、失われた身体機能を取り戻すための訓練をする「回復期」、自宅や介護施設等での日常生活のなかで行う「生活期」の3段階があります。

当院では主に回復期を担っており、医師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、MSW(メディカルソーシャルワーカー)などがチームを組んで行っています。

自宅復帰が主な目標で、食事・更衣・入浴などの日常生活動作を集中的に訓練します。

その中で理学療法士は、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、障害の予防を目的とした運動療法の施術を通じて、退院後に自立した日常生活が送れるよう支援することが役割です。

リハビリは身体的にも精神的にもつらく苦しいというイメージがあり、実際にそうなってしまいがちですが、患者さんやご家族のお気持ちに寄り添ったサポートで、1つ1つの動作が回復していく過程を、一緒に喜びあいながら、笑顔でリハビリを続けられるような関係づくりを心がけています」

 

――セミナーではどのようなお話を?

「今回のセミナーでは脳梗塞の予防と、予後のリハビリについて、これまで私が経験した実例を挙げながら、詳しくお話しする予定です。ぜひご参加ください」

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

編集部おすすめ

1

東久留米市では、30%のプレミアム付き商品券を追加販売する。 6500円分の商品券を5000円で購入できる。 「ブラック・ジャック」のキャラクターと、東久留米市のマスコットキャラクター・るるめちゃんが ...

2

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

3

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

4

コロナ禍のもと、異例づくしの夏が終わって、日の入り時刻もどんどん早くなってきました。長月といえば9月の異称ですが、これは「夜長月」から転じた言葉。23日の秋分の日を過ぎたら、いよいよ秋の夜長の到来です ...

5

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

6

猛暑続きのなか、一旦雨が降り出せばたちまち豪雨という昨今。台風も本格化するこの時季に、地域の水害の恐れについて調べてみた。 洪水や土砂崩れの危険地域はハザードマップで示されているので、一度はチェックし ...

7

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

8

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

9

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

10

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

11

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.