清瀬の市役所産“はちみつ”  「ふるさと納税」返礼品に

珍しい「市職員の手作り」

清瀬市では今年度から、ふるさと納税の返礼品として“市役所で作ったはちみつ”をプレゼントしています。

市職員の手で作った食品を返礼品にするのは全国的にも珍しいことから現在注目を集めており、4月からスタートしたにも関わらず、既に昨年度のふるさと納税者数を上回る勢いとのことです。

ふるさと納税の返礼品にも利用されている清瀬市役所産のはちみつ「きよはち」

 

「清瀬みつばちプロジェクト」とは

東京都内でも自然が豊かとされる清瀬市。

ですが、そんな同市にあっても緑地の減少は避けられず、自然環境の維持が課題となっています。そんな中、昨年3月から始まったのが「清瀬みつばちプロジェクト」です。

4階建ての市役所の屋上で、職員がミツバチの飼育を行うこのプロジェクト。

花蜜や花粉を求めて花や樹木を飛び回るミツバチの習性「ポリネーション(花粉交配)」が周辺環境の活性化につながるといい、緑地保全の観点からスタートしました。屋上にはミツバチのための花壇や水場などもあります。

市役所屋上には農地から飛散した土を再利用した花壇も

 

現在、6万匹超を飼育

当初は飼育未経験の職員が市内の養蜂家に指導を受け、3つの巣箱を設置して試験的にミツバチの飼育を開始。夏場の防護服での作業などは苦労があったといいますが、そのかいあってか、現在では11箱(1箱=約6000匹)を飼育するまでになりました。

今回、その過程で採れた純度100%のはちみつを、ふるさと納税の返礼品として使用することを思いついたそうです。

その商品名は「きよはち」。

5000円以上の納税で1人1瓶(80グラム)が贈呈されます。先着50人。市役所で受け取るか、または国内なら市の負担で郵送します。

なお、同市では、今年の生産量100キログラム(おおよそ1250瓶)を目指しています。

養蜂を紹介する清瀬市職員。作業は市の総務課営繕(えいぜん)係職員4人が交代で担当している。当初は「女王蜂を見つけられない」などの苦労もあったとか

 

財政状況が苦しいなか、「市のイメージアップに」

同市は、歳入を歳出で割った「財政力指数」で見ると多摩26市中で最も低く、財政は決して芳しいとはいえません。

昨年度12件だったふるさと納税ですが、今年は4月1日から28日の約1カ月の時点で、それを上回る13件。市外からの納税も既に6件(昨年は2件)あるとのことで、今後の更なる市財政への寄与が期待されています。

また、同市の昨年度の歳出における民生費は全体の55%(約160円)を超えており、多摩26市中1位。高齢化率は同2位で、福祉費用が大きな負担となっていることから、自然環境の維持と共に、“健康増進”は重要な課題です。

はちみつが市の特産物になることで、市民の健康増進に貢献することも期待されます。

同市財政課の戸野慎吾課長は、「まだ試行の段階で金額として大きいといえませんが、自治体として独自色を出していくことが重要だと考えています。清瀬のイメージアップにつながれば」と話します。

ふるさと納税に関しての問合せは同市財政課042・497・1809、同プロジェクトに関しては総務課497・1818へ。

清瀬みつばちプロジェクト

編集部おすすめ

1

実感としては寒さの底でも、2月は立春を迎えて、春の気が立つころ。日脚は日々のびつつあって、まさに「光の春」です。 干支九星の世界では、立春が一年の起点。ですから、九星占いでは立春以降(翌年の節分まで) ...

2

行政書士による「SDGs研究会」が発起 昨年1月に小平市で始まった無人の不用品譲渡「Baton BOX(バトンボックス)」が、1周年を経てさらに広がりを見せている。 これは、協力店先などに置かれた小型 ...

3

春風献上。 2023年は十二支でいえば卯年、九星でいえば四緑木星年。 「卯」は温和で明朗ながら、「うっかり」することも多い星。一方の「四緑木星」は、春風をあらわす穏やかな星です。マイナス要素としては「 ...

4

西東京市向台町の圡方隆一さん・仁美さん夫妻が、このほど、自宅の一部を改築し、「8cho8ma gallery(はっちょうやまギャラリー)」をオープンする。初回の展示会は6日㈮から。「若手作家を応援した ...

5

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

6

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

7

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

8

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

9

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

10

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

11

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2023 All Rights Reserved.