清瀬の市役所産“はちみつ”  「ふるさと納税」返礼品に

珍しい「市職員の手作り」

清瀬市では今年度から、ふるさと納税の返礼品として“市役所で作ったはちみつ”をプレゼントしています。

市職員の手で作った食品を返礼品にするのは全国的にも珍しいことから現在注目を集めており、4月からスタートしたにも関わらず、既に昨年度のふるさと納税者数を上回る勢いとのことです。

ふるさと納税の返礼品にも利用されている清瀬市役所産のはちみつ「きよはち」

 

「清瀬みつばちプロジェクト」とは

東京都内でも自然が豊かとされる清瀬市。

ですが、そんな同市にあっても緑地の減少は避けられず、自然環境の維持が課題となっています。そんな中、昨年3月から始まったのが「清瀬みつばちプロジェクト」です。

4階建ての市役所の屋上で、職員がミツバチの飼育を行うこのプロジェクト。

花蜜や花粉を求めて花や樹木を飛び回るミツバチの習性「ポリネーション(花粉交配)」が周辺環境の活性化につながるといい、緑地保全の観点からスタートしました。屋上にはミツバチのための花壇や水場などもあります。

市役所屋上には農地から飛散した土を再利用した花壇も

 

現在、6万匹超を飼育

当初は飼育未経験の職員が市内の養蜂家に指導を受け、3つの巣箱を設置して試験的にミツバチの飼育を開始。夏場の防護服での作業などは苦労があったといいますが、そのかいあってか、現在では11箱(1箱=約6000匹)を飼育するまでになりました。

今回、その過程で採れた純度100%のはちみつを、ふるさと納税の返礼品として使用することを思いついたそうです。

その商品名は「きよはち」。

5000円以上の納税で1人1瓶(80グラム)が贈呈されます。先着50人。市役所で受け取るか、または国内なら市の負担で郵送します。

なお、同市では、今年の生産量100キログラム(おおよそ1250瓶)を目指しています。

養蜂を紹介する清瀬市職員。作業は市の総務課営繕(えいぜん)係職員4人が交代で担当している。当初は「女王蜂を見つけられない」などの苦労もあったとか

 

財政状況が苦しいなか、「市のイメージアップに」

同市は、歳入を歳出で割った「財政力指数」で見ると多摩26市中で最も低く、財政は決して芳しいとはいえません。

昨年度12件だったふるさと納税ですが、今年は4月1日から28日の約1カ月の時点で、それを上回る13件。市外からの納税も既に6件(昨年は2件)あるとのことで、今後の更なる市財政への寄与が期待されています。

また、同市の昨年度の歳出における民生費は全体の55%(約160円)を超えており、多摩26市中1位。高齢化率は同2位で、福祉費用が大きな負担となっていることから、自然環境の維持と共に、“健康増進”は重要な課題です。

はちみつが市の特産物になることで、市民の健康増進に貢献することも期待されます。

同市財政課の戸野慎吾課長は、「まだ試行の段階で金額として大きいといえませんが、自治体として独自色を出していくことが重要だと考えています。清瀬のイメージアップにつながれば」と話します。

ふるさと納税に関しての問合せは同市財政課042・497・1809、同プロジェクトに関しては総務課497・1818へ。

清瀬みつばちプロジェクト

編集部おすすめ

1

東久留米市では、30%のプレミアム付き商品券を追加販売する。 6500円分の商品券を5000円で購入できる。 「ブラック・ジャック」のキャラクターと、東久留米市のマスコットキャラクター・るるめちゃんが ...

2

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

3

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

4

コロナ禍のもと、異例づくしの夏が終わって、日の入り時刻もどんどん早くなってきました。長月といえば9月の異称ですが、これは「夜長月」から転じた言葉。23日の秋分の日を過ぎたら、いよいよ秋の夜長の到来です ...

5

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

6

猛暑続きのなか、一旦雨が降り出せばたちまち豪雨という昨今。台風も本格化するこの時季に、地域の水害の恐れについて調べてみた。 洪水や土砂崩れの危険地域はハザードマップで示されているので、一度はチェックし ...

7

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

8

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

9

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

10

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

11

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.