2020年6月の運勢は…? 九星気学で鑑定

6月は雨の月。

暦を操ると、今年は10日に「入梅」という記述があって、この日から約30日間は暦上で梅雨の時期(気象庁発表による、現代の梅雨入りとは少しずれがありますが)。このころの雨は農作物にとっては恵みの雨で、昔、農家では「入梅」が田植えの日を決める目安ともなったそうです。

 

陽から陰へと変わる時 人体の変調に注意

ただし、この時期は「陽」の気から「陰」の気へと季節は変わる節目でもあり、人間の体にも変調が起こりやすいもの。

わけても、今年は未曾有の新型コロナ禍。今後も、ひきつづき気を緩めずに、各自コロナ対策に取り組んでいく必要があります。

 

邪気を払うアジサイ

そんななかで、雨に濡れたアジサイの花は一服の清涼剤。アジサイはまた、邪気を払う花でもあります。家の南側に飾ることをよしとします。

今月はどの本命星の方も、目の不調にご用心。テレワーク、オンライン飲み会などでパソコン、スマホの活用が多いだけに、目の休養もお忘れなく。

一白水星:1927年、36年、45年、54年、63年、72年、81年、90年、99年、2008年、2017年
二黒土星:1926年、35年、44年、53年、62年、71年、80年、89年、98年、2007年、2016年
三碧木星:1925年、34年、43年、52年、61年、70年、79年、88年、97年、2006年、2015年
四緑木星:1924年、33年、42年、51年、60年、69年、78年、87年、96年、2005年、2014年
五黄土星:1923年、32年、41年、50年、59年、68年、77年、86年、95年、2004年、2013年
六白金星:1922年、31年、40年、49年、58年、67年、76年、85年、94年、2003年、2012年、
七赤金星:1921年、30年、39年、48年、57年、66年、75年、84年、93年、2002年、2011年、2020年
八白土星:1920年、29年、38年、47年、56年、65年、74年、83年、92年、2001年、2010年、2019年
九紫火星:1919年、28年、37年、46年、55年、64年、73年、82年、91年、2000年、2009年、2018年

(※上記の生年表は西暦で記載しています。2桁のところは1900年代です。なお、九星気学の鑑定では「節分」が節目です。1月1日から2月3日までの間の生まれの方は、前年が本命星となります。例えば、1993年1月29日生まれの方は七赤金星ではなく、前年1992年の八白土星が本命星となります)

 

[九星別運勢] 

一白水星 

いい知らせにやる気もアップ。スマホの達人は、さらに有利。

体力も戻ってきて、あちこちにアンテナを張れば、希望の光も見えてくる。人によっては遊びの誘いについフラフラと・・・。

でも油断は禁物、ここで気を引き締めて。多くの情報のなかに、「これは」と思う縁を感じるものがあるはず。

仕事にしろ恋愛にしろ、焦らず、じっくり時間をかけてモノにしたい。

 

二黒土星 

やる気に反して、周囲の状況はまだまだ。変化の波にご用心。

日常生活復帰は時期尚早。対人関係で頭を悩ませているうちに、気分もだらけてしまいそう。

外出中の忘れ物にも気をつけて。公私とも今までの生活と違うことがおこってくるけれど、できるだけ従来のやり方を守る方向で進んで正解。

軽い運動は必要ながら、無理な動きは、逆に足腰の不調につながることも。

 

三碧木星 

年長者との関係を良好に保って快調。うっかり発言は命取り。

何かと多忙で、公私とも活躍の場面が多い。

特に上司や年長者の期待も大きく、それだけ頑張り甲斐があるというもの。

ただし、独断独走には要注意で、これに舌禍がからめばせっかくの努力も水の泡。

三碧は、とかく言動が先走って失敗しやすい。まずは、人の意見をよく聞いて。異性関係では悪縁に注意の月。

 

四緑木星 

仕事も恋もオンライン活用で快調。一方、外出自粛は続行を。

本来は、人との交流から仕事の場も広がり、多くのチャンスにも恵まれる時。

ただし、今年の特殊事情により、いまだ外にとび出すことは危険。そもそも危険はコロナだけでなく、インフルも食中毒も。

去年、体調をくずした人は特に感染症に要注意。婚活中の人は先月に続き有望。次の一手は、手紙作戦で。

 

五黄土星 

いったん止まって、路線変更も。身内に関して嬉しいことあり。

テレワーク、巣ごもり生活などで生活のテンポが狂っただけに、とかく物事は渋滞気味。

反面、やる気爆発で、思いきった行動に走りやすい。

ここは、同僚、身内とよく相談しながら進めていってほしい。

人間関係は協調精神を発揮して、良好。

勝負事は吉凶両極。一発目がダメだった人は、以降もツキはない。

 

六白金星 

周囲の雑音に惑わされないで。一見よさそうな話は、超危険。

緊張の糸がプッツン、万事に警戒心も緩みがち。

得する話、儲かる話は、いったん疑うことが必要。独断せずに、家族や信頼できる知人に相談を。

さらに注意すべきは遊びの誘い。日ごろから人望のある六白だけに、たくさんの仲間がよってきて・・・ついつい過密状態に。まだ当分はオンライン飲み会がよさそう。

 

七赤金星 

小さな朗報はチャンスの芽。就活、婚活とも地味ながら有望。

やる気をだせば、運も応えてくれる時。対人関係や取り引きにはツキがあり、特に知人の紹介による物件や人がカギとなる。

小さなつぶやきをスルーしないことも大切。

万事、末広がりによくなっていくから、焦らず、丁寧に対応して。周囲の人たちからも応援してくれるから、感謝しながら、力を借りましょう。

 

八白土星 

争い事と書類のミスに注意。交渉事は焦らず、結論は来月に。

ちょっとおもしろいこともあるけれど、対人関係は意外にやっかい。親切も通じず、他人のケンカに巻き込まれて割を食ったり。

書類関係は相手のミスも想定して、確認をしっかりと。

交渉事はモタついたり、逆に急かされても、力任せに前進してはダメ。

明るい色の小物使いでお洒落して、運気アップ。

 

九紫火星 

地獄に仏。落ち込んだら、元気な知人の顔を思い出して!

問題の大半は思い過ごしかも。ひとりで考えていると、どんどん沈んでいってしまうから、まずは親しい人たちに連絡してみて。

年長者からの叱咤激励は、いいクスリ。

仕事はうまくやろうと力まず、やりやすい方法で緩めに進めるのがいい。デートもかっこよく見せようとせず、自然体がよろしいようで。


[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか

編集部おすすめ

1

『よく分かる気学(東洋占星術)入門』など著書多数の野村徳子さんが鑑定 暑中お見舞い 申しあげます。 7月はバカンスの季節とはいえ、今年はいつもと違う夏。どこへ行くにもまずコロナ対策。そして熱中症にも要 ...

2

感染者数が高止まりしているとはいえ、ひとまずは「外出自粛」「ステイホーム」などが解かれ、「新しい生活様式」のなかで日常生活が戻りつつある今。 このタイミングで改めて、地域医療を見つめてみました。 する ...

3

東久留米市に2店舗がある「スーパーコインランドリーしのみや」は、洗濯から乾燥までワンストップでできる、生活に便利なコインランドリーです。 大型、中型、小型と各機種があるので、量に合わせて無駄なく洗濯が ...

4

9月から使える「お食事券」を先に買ってください――。 新型コロナウイルスの影響で売上減少に苦しむ東久留米市の約30の飲食店が、このたび合同で、支援を呼びかけるクラウドファンディングに挑戦しています。 ...

5

武蔵野美術大学(小平市)内にある「武蔵野美術大学 美術館」で、7月中の日曜日の5日、12日、19日、26日の4日にわたり、「令和元年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開かれます。 大学 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.