自宅供養の情報が満載の「自宅墓・自宅供養ガイドブック」プレゼント

お墓のあり方が多様化しているなか、「自宅にお墓を」という新しいスタイルが注目を集めています。
提唱する「松戸家」では、「自宅墓」を解説するガイドブックを発行し、ただいま無料進呈中。この機会にぜひご入手を。

松戸家が発行した「自宅墓・自宅供養ガイドブック」

 

自宅墓とは?

「自宅にお墓」という斬新なスタイルとなる「自宅墓」は、イメージとしては、宗教色のないモダンデザインの納骨家具を「お墓」として身近に置くというもの。

特徴としては、
◎毎日手を合わせて供養ができる
◎遺骨を保管できる
◎宗教にとらわれずに自然体で向き合える
などがあります。

十分に供養を行った後、松戸家では提携する霊園の永代供養墓樹木葬に埋葬ができるシステムがあるので、無縁仏になる恐れもなく安心です。

▼故人をしばらくは身近にしておきたい
▼承継者がいないので、自分たちのためのお墓で十分
▼お墓に多額の費用をかけたくない
▼引っ越しが多いので、霊園のお墓を選ぶのが難しい
といった人に特に支持されているといいます。

「そうはいっても、自宅にお墓なんて本当にいいの?」

そんな疑問を持つ人にぜひ紹介したいのが、「松戸家」が発行した小冊子『自宅墓・自宅供養ガイドブック』です=上写真。

B5判・13ページの中に、自宅墓のメリット・デメリットや、利用の流れなどが紹介されています。
実物が種類を分けて写真で紹介されているので、イメージが湧きやすい冊子です。

松戸家では、無料で進呈しているので、気軽にご請求を(冊子がなくなり次第終了)。
詳しくは左記まで、気軽にお電話を。

 

お彼岸に、お花・線香が割引

松戸家では、お彼岸となる本日17日から23日まで、本紙持参で、お花と線香のセット2000円を約1割引きの1800円で提供します。
一人1回のみ。
小平霊園への墓参はもちろん、他所への墓参の人も利用可能です。

また、「お参り代行サービス」もあるので、詳細はご相談を。

 

人気の樹木葬は、 近隣3霊園で新規募集

最近のお墓の人気は何といっても「樹木葬」。

埋葬スペースがしっかり分かれていて個人所有の感覚で使える――と評判のフラワージュシリーズは、新青梅街道沿いの「小平メモリアガーデン」「メモリアルガーデン東久留米」「メモリアルガーデン国分寺」で新区画販売中です。

各所とも、団体で利用できるスペースもあり。

現地見学のほか、「小平」はオンライン見学も可能です。
ぜひ一度、ご自分の目で確認してみては。

編集部おすすめ

1

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

2

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

3

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

4

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

5

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

6

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

7

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

8

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.