ファミマで24時間フードドライブ 小平のNPO「カモミール」に同行ルポ

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモミール」。食品回収の日に同行した。

 ***

ファミリーマートのフードドライブは、自治体やNPОと連携して行うもので、参加店舗で不用の食品を預かり、それをNPОなどの力を介して求める人に届ける取り組み。小平エリアでは今年7月から、公民館などでの移動式「子ども食堂」を展開するNPО法人「カモミール」と連携している。

現在、その回収は月に1回ペース。先週11日に同行した。

フードドライブの食品類をピックアップする「カモミール」メンバー

 

食品を預かるボックスの場所は、レジ前だったり、冷凍コーナーの横だったりと店により異なる。多い店では買い物かご2つが満杯になるほどの食品類があった。目立つのは、ドリンク類や缶詰、インスタント食品類。驚くことに千疋屋のゼリーや、とらやのようかんなどもあった。

ある店では、賞味期限間近の菓子類を、店からの提供で同NPОスタッフに手渡す場面も。店舗従業員の中から「フードドライブに提供しよう」と声が上がったという。

この日、最終的に回収されたのは買い物かご6個分の食品類。これまでの累計では、約277㌔の食品類が集められている。これらは、子ども食堂や不定期開催のフードパントリーで配られる。

フードドライブは市なども取り組んでいるが、ファミリーマートは年中無休・24時間営業のため、食品を提供したい人が自分のペースで気軽に寄れるメリットがある。

「小平市での回収量は多いほうだと聞いています。提供してくださる地域の方々、そして参加店舗の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです」
とカモミール理事長の田中貴子さん。

ファミリーマートスタッフと話す、NPO法人「カモミール」理事長の田中貴子さん

なお、受け付けは全店舗でないのでご注意を。小平市での参加店は小平花小金井二丁目店・小平天神町四丁目店・小平大沼町二丁目店・小平回田町店・小平小川町店・小平たかの街道店・小平上水南町店・小平中宿通り店の8店。

詳細は同NPО(☎080・7963・6267)へ。

編集部おすすめ

1

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

2

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

3

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

4

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

5

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

6

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

7

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.