ウクライナ避難者が運営 木曜ランチのみのボルシチの店

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂「Nadiya」を運営している。地域の人と交流を深めたいと、24日㈯にはクリスマスパーティーも開く。

 

キーウ出身のエリザさん

ウクライナ語で「希望」を意味する同店を営むのは、4月にキーウから単身逃れてきたエリザさん(30)。日本での身元保証人となった西東京市在住の別當紀人さんと、友人の新井芽句さんが中心になって、その運営をサポートしている。

提供する料理は、同国伝統料理のビーツを用いたボルシチ。一部の野菜は西東京市内の農家から仕入れている。Sサイズ560円、Mサイズ710円、Lサイズ860円(いずれも税込み)。さわやかな酸味のある優しい味わいで、具だくさんで食べ応えがある。手作りのパンとウクライナ産ハチミツ入りの紅茶をセットにするとプラス240円。午前11時から午後2時まで提供しており、テイクアウトも可能。売り切れ次第終了となる。

西東京市に避難してきたエリザさん(中央)と支援する別當紀人さん(右)、新井芽句さん

 

エリザさんが日本に避難してくることになったのは、別當さんとの縁。10年ほど前に同国を旅行で訪ねた別當さんを、大学で日本語や日本文化を学んでいたエリザさんが町案内したことが出会いとなった。その後、交流が途絶える時期もあったが、ロシアによる侵攻に胸を痛めて別當さんが連絡を取ったところ、エリザさんはちょうど隣国ポーランドに避難したところだった。その先の行く当てがなかったことから、「日本に来るなら身元保証人になるよ」と別當さんが申し出、同市に来ることとなった。市が把握している避難者は今のところエリザさんだけという。

市では、住宅の確保や、日本語教室の紹介などの多面的な支援を行っており、先月には池澤隆史市長も同店を訪れ、エリザさんを励ました。そうした支援や地域に対し、エリザさんは感謝の言葉を口にする。

「緑が多く落ち着いた町で、とても住みやすく、親切な方ばかり。出会った全ての人に心から感謝を伝えたいです」

この食堂は地域の人たちとの交流の場になっているとのことで、今もキーウにいる母・祖母を思いながらも、「職業に就いて、自分で家賃を払えるようにもなりたい」と長く暮らす意向も示している。

テイクアウトのボルシチとパン

 

24日、クリスマスパーティー

より広い交流を求め、24日㈯午前11時30分から午後2時まで、クリスマスパーティーを開く。会場はシェアスペース・キッチン「PARKSIDE LABO」(東伏見1の14の6)。支援者の一人でルーマニア料理研究家のスクタリウともこさんと共に、ウクライナ、ルーマニアの料理を提供する。歌などあり。3500円(高大生2000円、中学生以下無料 ※一部をウクライナに寄付予定)。

詳しくはスクタリウさん(☎080・4169・7377)へ。

PARKSIDE LABO (Facebook)

リップル西東京

編集部おすすめ

1

実感としては寒さの底でも、2月は立春を迎えて、春の気が立つころ。日脚は日々のびつつあって、まさに「光の春」です。 干支九星の世界では、立春が一年の起点。ですから、九星占いでは立春以降(翌年の節分まで) ...

2

行政書士による「SDGs研究会」が発起 昨年1月に小平市で始まった無人の不用品譲渡「Baton BOX(バトンボックス)」が、1周年を経てさらに広がりを見せている。 これは、協力店先などに置かれた小型 ...

3

春風献上。 2023年は十二支でいえば卯年、九星でいえば四緑木星年。 「卯」は温和で明朗ながら、「うっかり」することも多い星。一方の「四緑木星」は、春風をあらわす穏やかな星です。マイナス要素としては「 ...

4

西東京市向台町の圡方隆一さん・仁美さん夫妻が、このほど、自宅の一部を改築し、「8cho8ma gallery(はっちょうやまギャラリー)」をオープンする。初回の展示会は6日㈮から。「若手作家を応援した ...

5

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

6

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

7

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

8

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

9

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

10

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

11

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2023 All Rights Reserved.