新鮮玉子を工場から自販機・直販で 黄身が濃く、ビタミン豊富

地元の出荷工場「東京エッグ」

玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。

西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になっている。

東京エッグは、都内では数少ない玉子の出荷工場で、茨城県、群馬県、千葉県から毎日新鮮な玉子を入荷し、1日約25万卵(約12トン)を大手スーパーなどに配送している。

自動販売機は「地元の方々にぜひ食べてみてほしい」と10月に新設したもので、温度管理ができる優れもの。現在、近隣スーパーでは売られていない「恋し、きみへ」という商品名の玉子を、10個・350円で販売している(3パックなら1000円)。

ユニークなその商品名は、黄身の濃さにちなんだもの。この玉子のために飼料(エサ)を新規開発し、霞ヶ浦に面する自然豊かな茨城県行方市の鶏たちに与えている。ビタミンEなどが強化されて味が濃く、一方で生臭さがないのが特長だ。

「色も味も濃いので、これからの季節はすき焼きにもお薦めですね。加熱しても色は濃いままなので、オムレツなどにもぜひお使いください」

と工場長の長嶺寿さん。新鮮なので卵白がぷりっとしており、目玉焼きなら白身も美味だ。 

 

直販は火・金

工場併設の窓口では、火・金曜の午前10時から午後4時(正午から1時は休憩)に直接販売も行っている。規格外の3L・10個230円などが人気(規格外品は売り切れ次第終了)。お試しを。

[東京エッグ]
☎042-421-6664
西東京市泉町2-2-17

編集部おすすめ

1

実感としては寒さの底でも、2月は立春を迎えて、春の気が立つころ。日脚は日々のびつつあって、まさに「光の春」です。 干支九星の世界では、立春が一年の起点。ですから、九星占いでは立春以降(翌年の節分まで) ...

2

行政書士による「SDGs研究会」が発起 昨年1月に小平市で始まった無人の不用品譲渡「Baton BOX(バトンボックス)」が、1周年を経てさらに広がりを見せている。 これは、協力店先などに置かれた小型 ...

3

春風献上。 2023年は十二支でいえば卯年、九星でいえば四緑木星年。 「卯」は温和で明朗ながら、「うっかり」することも多い星。一方の「四緑木星」は、春風をあらわす穏やかな星です。マイナス要素としては「 ...

4

西東京市向台町の圡方隆一さん・仁美さん夫妻が、このほど、自宅の一部を改築し、「8cho8ma gallery(はっちょうやまギャラリー)」をオープンする。初回の展示会は6日㈮から。「若手作家を応援した ...

5

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

6

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

7

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

8

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

9

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

10

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

11

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2023 All Rights Reserved.