田無神社の全貌、一冊に 豊富な写真と資料で、歴史や宝物など

西東京市地域の歴史と共にある田無神社の全貌を紹介する書籍『写真と資料から見る 田無神社―御遷座三五〇年大祭記念誌』が昨年末に発行された。写真800点、資料203点を収録した328㌻に及ぶ大作で、同神社と地域を知る貴重な一冊となっている。

期間限定で販売されている『写真と資料から見る 田無神社』

 

遷座350年記念で昨年末に発行

全10章から成る同書では、田無神社の由緒、歴史、祭儀・年中行事、境内の石造物、宮司家のことなどが多彩に紹介されている。学術的に考察された部分も多く、読み応え十分。一方で、写真が豊富で、郷土史や神道の知識がなくても手にしやすい一冊となっている。

特に、この書籍のために新たに撮影されたという「宝物」の章では、養蚕や選挙の関連、絵馬、名匠・嶋村俊表の作品など、地域の歴史を伝える資料が数々紹介されていて興味深い。

また、東京都指定文化財に登録される本殿・拝殿と国登録有形文化財である参集殿も写真豊富に紹介されている。

     ◇

同神社は鎌倉時代の創建。現在地より1㌔ほど北の谷戸地域で開かれ、江戸時代の青梅街道開削に伴い、現在地に遷座している。

その350年を記念した御遷座三五〇年大祭が2020年10月に行われており、同書は記念誌として企画された。当初は大祭に合わせて発行する予定だったが、コロナ禍により編集作業が難航し、昨年末の刊行となった。ただ、その間に大規模な資料整理ができ、結果として、より充実した内容を収録できたという。

同神社の賀陽智之宮司は「神社に残る数少ない貴重な写真・資料を掘り下げて解読し、構成しました。本書を通じて氏子・崇敬者の皆さまに田無神社をより身近に感じていただければ幸いです」と話している。

書籍はA4判、3000円。

同神社社務所で来年3月31日まで販売。郵送でも買える(今年5月31日まで)。郵送の場合は送料520円(1冊の場合)。申込はファクス(042・633・4804)で。

詳しくは同神社(☎042・461・4442)へ。

田無神社

編集部おすすめ

1

実感としては寒さの底でも、2月は立春を迎えて、春の気が立つころ。日脚は日々のびつつあって、まさに「光の春」です。 干支九星の世界では、立春が一年の起点。ですから、九星占いでは立春以降(翌年の節分まで) ...

2

行政書士による「SDGs研究会」が発起 昨年1月に小平市で始まった無人の不用品譲渡「Baton BOX(バトンボックス)」が、1周年を経てさらに広がりを見せている。 これは、協力店先などに置かれた小型 ...

3

春風献上。 2023年は十二支でいえば卯年、九星でいえば四緑木星年。 「卯」は温和で明朗ながら、「うっかり」することも多い星。一方の「四緑木星」は、春風をあらわす穏やかな星です。マイナス要素としては「 ...

4

西東京市向台町の圡方隆一さん・仁美さん夫妻が、このほど、自宅の一部を改築し、「8cho8ma gallery(はっちょうやまギャラリー)」をオープンする。初回の展示会は6日㈮から。「若手作家を応援した ...

5

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

6

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

7

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

8

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

9

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

10

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

11

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2023 All Rights Reserved.