アートな星座投影中 地元作家が88星座を作画

直径27.5メートルの天空に現代アート画の88星座が浮かび上がる――。

東久留米市在住の現代アート作家・大小島真木さんが描いた星座が投影されるというユニークなプラネタリウム番組「全天88星座~光が語る天球の地図」が、多摩六都科学館で上映されています。特設ウェブサイトでは、その原画展も展開中です。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

多摩六都科学館で、7月14日まで

投影されているのは、鮮やかな色合いで描かれた、生き物や神話の登場人物などです。形状は星座の形に沿いつつも、顔などが細部まで描き込まれ、一つ一つの絵が魅力的な芸術作品となっています。

メッセージ性も強く、例えばおおぐま座は、姿を熊に変えられて森をさまよったというカリストの神話に基づき、その体から植物を発芽させています。森の中で体に種が付いたというイメージです。

また、季節感も重視されており、例えばうしかい座は春の星座であることから、両手に、梅とスミレを持たせています。

描いた大小島さんは「星座は季節と連動しているので、そこは特に意識しました。空の神話の世界と地上の今とがうまくリンクできれば、と願っています」と話します。

春の星座「うしかい座」は手に梅とスミレを持つ

体に付いた種が芽吹いたイメージの「おおぐま座」

 

国際的に活動する大小島真木さん

大小島さんは、東久留米市出身・在住の若手芸術家で、上野の森美術館で20年以上続く「VOCA展」での奨励賞ほか、ワンダーウォール賞などの受賞歴を持ちます。

国際的に活動し、この春には、海洋生物保護のためのフランスの調査船タラ号にレジデンスアーティストとして乗船し、世界の海を巡ったばかりです。

自由な視点で動植物を描くことが多く、生と死や、多様性、循環などをテーマとしてきています。

画家の大小島真木さん

南沢氷川神社の天井画をきっかけに

そんな大小島さんがプラネタリウム番組の作画をすることになったのは、2年前に実施された南沢氷川神社での天井画プロジェクトがきっかけです。

地元の文化・芸術振興を目的に市民で活動する「東久留米アートプロジェクト」の企画で、同神社の拝殿の天井に生き物や多様性をテーマにした316センチ×490センチの絵を展示したもので、この絵を見た多摩六都科学館スタッフが「テーマといい、見上げた感じといい、プラネタリウムの星座の世界に通じる」と88星座の作画を持ちかけました。

「神社で観せた絵は、東久留米の湧き水をモチーフに描いたもの。水が湧き、海に注がれ、気化して空に上がり、雨となって森を育てる。水や森、動植物を描いてきた私に星座の話が来たことに、不思議な縁を感じました」

と大小島さんは振り返ります。

 

神話などの調査に時間を割き、1年かけて制作

神話や季節の花々を調べることに時間を要し、88星座の原画は約1年をかけて完成しました。現在、同科学館の特設ページで、星座ごとに大小島さんの解説付きで紹介されています(http://www.tamarokuto.or.jp/blog/constellation88/)。  

プラネタリウムでの投影は全編生解説で、平日午後3時50分(水曜・土日祝日は1時10分もあり)から。7月14日まで。観覧付入館料1000円(子ども400円)。

なお、会期中の平日に限り、大人は併設のカフェを利用すると観覧料が200円引きになります。

 

10日に講演も

また、6月10日には、午後5時10分から6時30分まで、大小島さんのトークショー「水、土、森、海、空を巡る星の時間」が予定されています。

小学5年生以上が対象。今回の制作の秘話などを話します。定員100人、参加費として入館料500円。

詳しくは同館(042・469・6100)へ。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

多摩六都科学館


2021/6/29

多摩六都科学館

体験型展示と“世界一”に認定されたプラネタリウム 多摩六都科学館は、5つの体験型展示と、世界最大級のプラネタリウムドームがある科学館です。 プラネタリウムは世界で最も多くの星を投映できるとしてギネス認定もされています。 ちなみに、その星の数は1億4000万個以上。実際には肉眼で見ることができない星も、投映することができるそうです。 また、「サイエンスエッグ」の愛称もあるプラネタリウムドームは、直径27.5メートルと大きく、そのサイズは世界最大級を誇ります。 特長はもう一つあり、このプラネタリウムでは、生解 ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.