いこいーな誕生秘話 ~開発者に聞く西東京市のマスコットへの思い~ ジャーナリスト楽校inこだいら

合併10周年を記念して2011年にマスコットキャラクター「いこいーな」を制作した西東京市。昨年は、西武新宿線・西武池袋線でいこいーなのラッピングトレインが走り、そのフォトコンテストや、キャラ弁コンテスト、グッズ販売会(クッキーから靴べら、切手まで!)が行われ、市内名所への案内看板や商店街のフラッグにも登場するなど、大活躍でした。

ラッピングトレイン登場で「初めて見知らぬ人がいこいーなの話をしているのを聞いて、嬉しくてちょっと誇らしかった」というのは、キャラクター開発を担当された吉田有希さんです。同市にあるアニメーション制作会社「シンエイ動画」の、「クレヨンしんちゃん」担当プロデューサーです。  

キャラクター開発を担当した吉田有希さん。いこいーなとともに西東京市役所前で

 

市を知るところから始まった

「市の特徴を活かしたキャラクターを3つ」との依頼に、

「市のことをまず知ることからでした。双子の竜の伝説から『竜神の子ども』、旧東大農場のひまわり畑から『ひまわりかあさん』ができて。最後に、いこいの森公園から『いこいの森の妖精』が生まれ、そこに咲く珍しい花を市の方に紹介されて今の形に。
市民投票で選ばれたのは、愛らしいからでしょうね。公募の名前もいいですよね。
『西東京市=いこいーな』になったら嬉しいです」と話してくださいました。

実は今回の撮影で、動くいこいーなと会えたのが初めてだったそう。

かわいい、嬉しい! と大変喜んでおられました。

駅では、「いこいーなトレイン」を撮影する“豆鉄”の姿も

 

「いつか、アニメーションも」

「いつか、いこいーなのアニメーションが作りたいですねぇ。もともと走ったり跳んだり、生き生きとした動きのうまれるデザインなんです。でも着ぐるみは想定していなかったので、ちょっと頭が大きいですけど」

と、茶目っ気たっぷりに微笑んだ吉田さんは、現在、4月16日公開の「映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」(※編集部注:この記事は2016年のアップです)に全力投球中。これからのいこいーなの活躍も、映画も、今年は楽しみです。

西東京市いこいーな

シンエイ動画

2020/9/23

シンエイ動画ビルのドラえもん

全国の人に愛されている『ドラえもん』のアニメは、西東京市にあるシンエイ動画株式会社が制作していることをご存知でしたか? シンエイ動画の本社ビル(東京都西東京市田無町3-9-21)には、写真のようにドラえもんやのび太くんたちと写真を撮れるコーナーがあります。子どもがいる方はもちろん、ドラえもんファンの方はぜひ足を運んでみてください。 ちなみに、シンエイ動画は『ドラえもん』のほかにも、『クレヨンしんちゃん』『あたしンち』など、数々のアニメを制作しています。地元の企業がつくっているアニメだと知ると、より愛着が湧 ...

ReadMore

2020/2/13

あなたはいくつ知っている? 地元が舞台の漫画・アニメ作品

漫画やアニメを見ていて自分の住む街が出てくると、不思議と作品に愛着が湧いてきたり、地元の見慣れた景色も少しだけ特別なものに見えてきませんか? 西東京市には、『ドラえもん』(原作/藤子・F・不二雄)や『クレヨンしんちゃん』(原作/臼井儀人)などのアニメ制作スタジオとして知られる、シンエイ動画があります。その縁からか、アニメ版では一時期(1990年頃)、主人公の野比のび太の住所が旧田無市と推定できるような描写がいくつかありました。 同じくシンエイ動画が制作したアニメ『あたしンち』(原作/けらえいこ)では、劇中 ...

ReadMore

2019/3/14

西東京市のアニメ制作会社「エクラアニマル」に やなせたかし文化賞

西東京市にあるアニメ制作会社「エクラアニマル」が、第1回の「やなせたかし文化賞」を受賞しました。 「アンパンマン」の原作者の名を冠した同賞は、子どものための良心的な漫画等の芸術的活動に贈られるもの。 同社が長年にわたって続けてきた自主制作アニメなどの活動が評価された格好で、豊永ひとみ代表は「一過性ではないところを認めてもらえてうれしい」と喜んでいます。 長年の文化活動に高い評価 同賞は、2013年に他界したやなせさんの遺言で設置されたもので、子どものための芸術文化の向上と振興を目的に、2年に1度贈られてい ...

ReadMore

2020/2/13

小平市のゆるキャラはどうしてブルーベリー?

小平市のゆるキャラ「ぶるべー」。市内のイベントに着ぐるみが登場するほかにも、その愛らしいビジュアルを武器に『ゆるキャラグランプリ』に参加するなど、小平市のPRに一躍買っている存在です。 その名前やビジュアルから、ブルーベリーがモチーフになっていることは一目瞭然ですが、「なぜ小平市とブルーベリー?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。   実は、小平市はブルーベリー栽培発祥の地なんです。1968年、ブルーベリーの栽培に最適な土地として、小平市にブルーベリーの木が植えられたのが、日本のブルーベ ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.