全編 “東村山” が舞台の映画 『あん』 樹木希林・永瀬正敏ら出演

30日から全国で上映 市では企画展など開催

東村山市が舞台の映画「あん」が、30日(土)から公開されます。同映画はドリアン助川さん原作で、出演は樹木希林、永瀬正敏ら。ほぼ全編東村山で撮影されており、美しい映像で描かれる市内の景色は必見です。

映画「あん」のポスター

 

ハンセン病元患者を中心にした人間ドラマ

どら焼き店「どら春」の雇われ店長として単調な日々を送っていた千太郎(永瀬正敏)。求人に応募してきた老女、徳江(樹木希林)の作る粒あんは絶品だった。しかし、心ない噂が出始めて……。

どら焼き店を舞台に、ハンセン病元患者とその周辺の人間ドラマを描いた映画「あん」。日本・フランス・ドイツの合作で、カンヌ国際映画祭グランプリなどの受賞歴で世界的に知られる河瀬直美さんの監督作品としても注目されています。

また、重要人物の一人となる女子中学生・ワカナを演じる内田伽羅は樹木希林の実孫であり、その共演も話題を呼んでいます。

東村山市中央図書館での撮影の様子

 

多磨全生園への取材を通して生まれた作品

同作が同市で撮影されたのは、原作のドリアン助川さんが取材のために、同市のハンセン病元患者の関連施設「多磨全生園」を何度も訪れていたことが大きな理由です。

同園関連の場所で撮影したいという制作側の意向を受け、同市が協力しました。

ロケ自体は昨年3月から始まり、季節を変えながら、11月下旬まで行われたそうです。

具体的な場所としては、久米川駅南口桜並木付近、くめがわ電車図書館、東村山市中央図書館、多磨全生園などで撮影されました。

河瀬直美監督(左)と渡部市長

 

「全生園の緑に感動させられた」

同市の渡部尚市長は

「久米川の商店街や桜並木などをきれいに撮ってくださった。全生園の入所者が植えた木は、生命の息吹を感じさせるような力強さがあり、感動させられました」

と話します。

なお、同市では映画公開に合わせ、中央図書館での企画展や映画チラシの全戸配布などを行っています。

映画は、近隣では新所沢レッツシネパーク、イオンシネマむさし村山などで30日から上映予定です。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

編集部おすすめ

1

小平市では、コロナ禍における消費減少の喚起と、非接触の決済方式を広めることを目的に、「あなたの街のau PAYキャンペーン」を実施する。 令和3年12月1日(水)〜令和4年1月31日(月)まで、キャッ ...

2

お得キャンペーンで関心高まるマイナンバーカード マイナンバーカードの取得者に5000円分のマイナポイントを付与する事業の第2弾がスタートしたのを受け、各市とも申請のサポート体制を整えている。特に小平市 ...

3

「タウン通信」で運勢鑑定のコーナー「星のオキテ」を本紙で連載している九星気学研究家・野村徳子さんが、昨秋、『気学が導く開運パワースポット』を出版した。 パワースポットの見つけ方や開運の方法などを紹介す ...

4

春風献上。 コロナ禍の下で迎える2回目の新しい年がスタートしました。 2022年は十二支でいえば寅年であり、九星でいえば五黄土星年。この十二支と九星の組み合わせは36年に1回あらわれるもので、今年の立 ...

5

東久留米市の新市長となった富田竜馬市長が、12月28日(火)に初登庁し、午後に、就任記者会見を開いた。 冒頭、就任の挨拶として、「トップリーダーとして先頭に立って汗をかき、やれる、できるの気持ちが市全 ...

6

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年か ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.