話題の漫画『東のくるめと隣のめぐる』 東久留米の風景が随所に

作者・我孫子祐さんに取材

このほど、東久留米市を舞台にしたコミック『東のくるめと隣のめぐる』の第1巻が発売され、近隣地域を中心に話題を呼んでいます。

作中には落合川や黒目川の自然や、地元の寺社、市の施設などがたびたび登場。読みながら思わず「ここ知ってる!」と声を上げそうな場面が満載です。

今回は作者の我孫子祐さんにお話を伺いました。

我孫子祐さん。仕事場で

 

「東久留米の自然を描きたかった」

さる2月10日に第1巻が発売された「東のくるめと隣のめぐる」。この漫画の作者は同市在住の我孫子祐さんです。

我孫子さんは開口一番、「東久留米の美しい川や自然を描きたかった」と話します。

我孫子さんが東久留米に越してきたのは約1年半ほど前のことだそうです。以前ほかの漫画家のアシスタントをしていたときに西武池袋線を利用しており、その際に車窓から見える東久留米のきれいな水面に心奪われ、練馬から引っ越してきたといいます。

川に魚や鳥がたくさん生息していることや、小中学生らが川で遊んでいる姿に感動したそうです。

我孫子さんが撮影した落合川の写真

 

川、プール、遺跡公園など多数登場

作中にはあらゆる東久留米ネタが詰まっており、落合川や黒目川はもちろん、市民プールや小山台遺跡公園なども登場します。

自身も地域で好きな場所はさまざまあるといい、市内の図書館やカフェで仕事をしたり、川べりを散策したり、散歩ついでに地元のパン屋さんでお昼を買ったりと、普段の生活からも地域を愛する姿が見えます。

夏頃には第2巻が発売される予定。同巻では毎年同市で11月に行われている「市民みんなの祭り」を取り上げたり、「大円寺」も登場するため、東久留米の景色に溶け込んだエピソードが数多く見られそうです。

東久留米の小山にある大円寺のスケッチ

 

◆我孫子祐さん 秋田県出身。第1回角川漫画新人大賞・入選。著書は『スライムさんと勇者研究部』(全4巻、講談社刊)。

◆『東のくるめと隣のめぐる』 KADOKAWA(角川コミックス・エース)、580円(税別)、都心から東久留米に引っ越してきた耕助と隣の家に住むめぐるの、青春恋愛コメディー漫画。

編集部おすすめ

1

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

2

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

3

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

4

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

5

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

6

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

7

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

8

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.