話題の漫画『東のくるめと隣のめぐる』 東久留米の風景が随所に

作者・我孫子祐さんに取材

このほど、東久留米市を舞台にしたコミック『東のくるめと隣のめぐる』の第1巻が発売され、近隣地域を中心に話題を呼んでいます。

作中には落合川や黒目川の自然や、地元の寺社、市の施設などがたびたび登場。読みながら思わず「ここ知ってる!」と声を上げそうな場面が満載です。

今回は作者の我孫子祐さんにお話を伺いました。

我孫子祐さん。仕事場で

 

「東久留米の自然を描きたかった」

さる2月10日に第1巻が発売された「東のくるめと隣のめぐる」。この漫画の作者は同市在住の我孫子祐さんです。

我孫子さんは開口一番、「東久留米の美しい川や自然を描きたかった」と話します。

我孫子さんが東久留米に越してきたのは約1年半ほど前のことだそうです。以前ほかの漫画家のアシスタントをしていたときに西武池袋線を利用しており、その際に車窓から見える東久留米のきれいな水面に心奪われ、練馬から引っ越してきたといいます。

川に魚や鳥がたくさん生息していることや、小中学生らが川で遊んでいる姿に感動したそうです。

我孫子さんが撮影した落合川の写真

 

川、プール、遺跡公園など多数登場

作中にはあらゆる東久留米ネタが詰まっており、落合川や黒目川はもちろん、市民プールや小山台遺跡公園なども登場します。

自身も地域で好きな場所はさまざまあるといい、市内の図書館やカフェで仕事をしたり、川べりを散策したり、散歩ついでに地元のパン屋さんでお昼を買ったりと、普段の生活からも地域を愛する姿が見えます。

夏頃には第2巻が発売される予定。同巻では毎年同市で11月に行われている「市民みんなの祭り」を取り上げたり、「大円寺」も登場するため、東久留米の景色に溶け込んだエピソードが数多く見られそうです。

東久留米の小山にある大円寺のスケッチ

 

◆我孫子祐さん 秋田県出身。第1回角川漫画新人大賞・入選。著書は『スライムさんと勇者研究部』(全4巻、講談社刊)。

◆『東のくるめと隣のめぐる』 KADOKAWA(角川コミックス・エース)、580円(税別)、都心から東久留米に引っ越してきた耕助と隣の家に住むめぐるの、青春恋愛コメディー漫画。

編集部おすすめ

1

東久留米市では、30%のプレミアム付き商品券を追加販売する。 6500円分の商品券を5000円で購入できる。 「ブラック・ジャック」のキャラクターと、東久留米市のマスコットキャラクター・るるめちゃんが ...

2

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

3

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

4

コロナ禍のもと、異例づくしの夏が終わって、日の入り時刻もどんどん早くなってきました。長月といえば9月の異称ですが、これは「夜長月」から転じた言葉。23日の秋分の日を過ぎたら、いよいよ秋の夜長の到来です ...

5

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

6

猛暑続きのなか、一旦雨が降り出せばたちまち豪雨という昨今。台風も本格化するこの時季に、地域の水害の恐れについて調べてみた。 洪水や土砂崩れの危険地域はハザードマップで示されているので、一度はチェックし ...

7

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

8

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

9

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

10

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

11

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.