飲食店支援のクラウドファンディング 東久留米の約30店がチャレンジ

9月から使える「お食事券」を先に買ってください――。

新型コロナウイルスの影響で売上減少に苦しむ東久留米市の約30の飲食店が、このたび合同で、支援を呼びかけるクラウドファンディングに挑戦しています。

目標金額は200万円で、期限は7月25日まで。クラウドファンディング専門サイト「キャンプファイヤー」で呼びかけています。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

リターンは「1000円券+α」など

「東久留米飲食店『未来おうえん券』プロジェクト」と名付けられたこの企画では、支援のリターンとして、支援金額分の食事券と、店舗ごとに異なるプラスα(特典)のサービスを受けられます。

例えば、+αでは、1000円券を1100円分として計算、ドリンクや一品のサービス、全品5%オフ、などが用意されています。

未来おうえん券は、1000円から購入できます。

なお、利用は「コロナ」の状況にもよりますが、現状では、9月1日使用開始で、来年5月31日までの半年間を予定しています。

利用の流れ

全額支援ならSNSで紹介

未来おうえん券は、支援したい店を指定して購入する形となりますが、地域の店全体を支援したい場合は「全額支援コース」を選択することになります。

こちらの場合のリターンは、SNSで名前などの紹介になります。

金額に応じて紹介期間が変わるもので、例えば3000円支援の場合は3日間紹介されます。

 

企画者「地域の一員として何かしたかった」

飲食店が集まって取り組むこの企画。

発起人は、東久留米駅東口・徒歩3分にあるデリカフェ「街のお台所 てんと点」の谷本安奈さんです。

去年1月に同店を本格オープンしたという谷本さんは、最初の1年こそ自分の店の経営に専念し、2年目からは地域活動に積極的に参加するつもりでいたといいます。

ところが、2年目を迎えた途端に起こったのが、「コロナ」の感染拡大。

そこで、「自分に何かできることはあるだろうか……」と模索したときに入ってきたのが、千葉県柏市や北海道が取り組んだクラウドファンディングでの先行例でした。柏市では、市の協力も得て、約4000人が支援し、約4500万円が集まっています。

実は谷本さん自身、同店をオープンするときにクラウドファンディングを利用した経験がありました。このときは150万円の目標に対して170万円の支援を得ています。

そうした体験もあり、谷本さんは地域の飲食店に呼びかけを開始。現在、28店が参加しています。

「街のお台所 てんと点」・お弁当イメージ

飲食店が地域の元気の元に

「食とコミュニティの中心となる町の飲食店が元気でいれば、地域は活性化すると考えています。飲食店が地域の光になれるように、皆さんに応援していただければと思っています」

と谷本さんは話します。

ちなみに谷本さんが営むデリカフェは、人をつなぐ場所になりたいという思いから「てんと点」の名がつけられています。

クラウドファンディングの詳細は、「キャンプファイヤー」のサイトから。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

「東久留米の飲食店を応援しよう」

「街のお台所 てんと点」

編集部おすすめ

1

都内のモスバーガー156店舗で、小平市産のブルーベリーを使った地産地消メニュー「まぜるシェイク 東京小平ブルーベリー」が7月15日(木)から数量限定で販売されます。 バニラシェイクに、ブルーベリーソー ...

2

7月9日(金)から16日(金)まで予定されていた多摩地域などを走る「東京2020オリンピック」の聖火リレーは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、公道での走行を中止としました。 各自治体で予定され ...

3

地域振興策として、7月1日(木、2021年)から8月31日(火、同)まで、西東京市内の対象店で電子決済サービスPayPayで支払いをすれば、最大で25%分のPayPayボーナス(ポイント)が受けられる ...

4

無投票で2議席が確定した東京都議会議員選挙の小平市選挙区。ルール上問題はないことは分かるが、どこかスッキリしない印象も……。 その理由を探るに当たり、当選した当人の磯山亮(りょう)都議を訪ねました。 ...

5

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、暑さがますます厳しくなってくるころ。28日は土用の丑の日で、今年もやっぱりウナギでしょうか。 でも、夏といえば涼やかなアユの塩焼きもいいもの。通人の話によれば、7 ...

6

東村山市では、市内の対象店舗にてスマホ決済サービス「PayPay」で決済した場合に、支払額の最大20%のPayPayボーナス(ポイント)が付与される「第2弾 がんばろう東村山!最大20%戻ってくるキャ ...

7

原発事故から10年たっても放射能が身近にあることを忘れないで――。 西東京市の市民が運営する放射能測定所「にしとうきょう市民放射能測定所あるびれお」(以下、あるびれお)が、「3・11から10年プロジェ ...

8

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

9

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

10

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

11

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

12

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.