保谷弦楽アンサンブル

保谷弦楽アンサンブルは、ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、コントラバスで構成する市民弦楽団です。

中高年者を中心に約30人で活動しています。

 

地域に溶け込み、30年以上続く市民楽団

保谷弦楽アンサンブルの発足は約30年前。子育てでつながった主婦5人から始まり、1996年に現在の名称で活動するようになったそうです。

以降は、年に1回ペースで定期演奏会を開くほか、地域の学校や施設等で慰問演奏や交流を行っています。

こうした市民活動で30年以上続くのは珍しく、楽団のまとまりを感じさせます。

 

20年以上にわたる小学校との交流

そんな保谷弦楽アンサンブルでは、一つ、大切にしてきている活動があるそうです。それは、新座市立八石小学校との交流です。

発足初期からのメンバーの縁で同校と交流を持ち、20年以上にわたって児童たちに生の楽器演奏を披露してきています。

ただ演奏するだけでなく、児童たちが練習してきた歌(曲目「ビリーブ」)とのセッションもあるそうで、団員たちにとって張り合いのある活動になっているようです。

 

一流指導者のもとで練習

なお、現在の楽団の指導者は、日本フィルハーモニー交響楽団チェロ奏者の大澤哲弥さんです。

2019年の定期演奏会では、メンバーとともに演奏をし、そのハーモニーにより深みをもたらしたそうです。

また、コンサートミストレスは、音源提供などの活動もしている奥村みのりさんが務めています。団員によって音楽経験もさまざまで、それが豊かな音色を生み出しています。

 

団員募集中 力量不問

保谷弦楽アンサンブルでは、団員を募集しています。

ユニークなのは、力量を問わない点。

オーディションを行う楽団も少なくないなか、保谷弦楽アンサンブルでは、「40年ぶりに楽器を手にした」という60代、70代のメンバーもいるそうです。

また、子育て中の忙しい世代もいます。たまにですが、子どもを練習場に連れてくるというメンバーもいるとか。いつでもみんなが温かく迎えてくれるそうです。

状況的にアンサンブルへの参加は難しい……とあきらめている方も、ぜひ気軽にお問い合わせを。練習は毎週金曜日の午前中です。

練習の様子を撮影させていただきました。団員へのインタビューと併せてご覧ください。

動画(1分54秒)

データ

保谷弦楽アンサンブル

https://hoyagengaku.web.fc2.com/syoukai.html

編集部おすすめ

1

新型コロナウイルス(以下「コロナ」)との闘いが長期戦になりそうな今、改めて見直したいのが、そもそもの「健康」や「免疫力」です。 清瀬市にある明治薬科大学でセルフメディケーションを専門に研究・指導する石 ...

2

多摩北部に隣接する所沢市。今、所沢がどんどん変わっています。 所沢市と株式会社KADOKAWAによる大規模商業・文化施設「ところざわサクラタウン」は、11月6日のグランドープン予定。 それに先駆け、一 ...

3

多摩六都科学館の夏の特別企画展「カラダで実験! アタマで納得! ロクト運動サイエンスパーク」が、7月18日から始まりました。 会期は8月30日まで。 開催日前日の7月17日に内覧会が開かれたので、その ...

4

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるこの夏、西武園ゆうえんち(所沢市)は制限を設けながらプール営業を行うことを発表しました。 開園は7月18日(土)で、20日(月)から22日(水)までの3日間を休 ...

5

昭和39年頃から平成15年頃までの東村山の写真を展示する企画展「写真でふりかえる東村山の出来事」が、8月30日(日)まで、東村山ふるさと歴史館で開かれています。 企画展のポスター   広報誌 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.