全国が注目する「雑木林若返り」の実例を冊子に

西原自然公園を育成する会 18年の記録

西東京市「西原自然公園」の雑木林の若返りに取り組む「西原自然公園を育成する会」が、18年の記録を『武蔵野の雑木林再生』にまとめました。

かつての武蔵野の雑木林は、木々が家屋の材料や燃料などに使われ、若返りが図られていましたが、現在では、古木が立ち並び、危険な所も増えています。

そうした中で先駆的な同会の活動は、「東京都公園協会賞最優秀賞」を受賞するなど高く評価されています。

冊子は活動記録や生息植物、識者のコメントなど収録しています。

A5判、72ページ。500円。詳細は池田さん(042・463・5561)へ。

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.