たまろくとウィーク 11日~29日 圏域5市の在住・在学・在勤者は入館料半額に

企画展「プラネタリウム100年」も開催 多摩六都科学館

多摩六都科学館では、11日㈬から29日㈰まで、「たまろくとウィーク」を開催する。

同館を運営する西東京・小平・東久留米・清瀬・東村山の5市の在住・在学・在勤者は、通常520円(高校生以下210円)の入館料が半額になる(観覧料は正規料金)。
また、15日、22日、29日の日曜日の午後3時50分からの回に限り、プラネタリウムの予約ができる。投影プログラムは「ロクトのプラネタリウム大解剖!」。

館内でも、「キーワードでロクトめぐり」など、5市に関わる企画を実施。写真展「多磨全生園の今・昔」なども行われる(東村山市主催)。

さらに、各市自慢の品がミュージアムショップに登場する「たまろくと特産市」もある(現在、開催中。11月12日㈰まで)。

  ◆  ◇  ◆

なお、7日㈯から11月5日㈰までは、秋の企画展「プラネタリウム100年―歴史としくみ」が開催される。ドイツで近代的なプラネタリウムが生まれて100周年を記念した企画。しくみや歴史などプラネタリウムを多彩に紹介する。

12月22日㈮まではプラネタリウム番組「ロクトのプラネタリウム大解剖!」を投影。10月25日㈬と29日㈰には、大人向けの「プラネタリウム100周年」が投影される(小学生以下入場不可)。

4日㈬、5日㈭と月曜休館(9日㈷は開館、10日㈫休館)。詳細は同館(☎042・469・6100)へ。

多摩六都科学館

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.