豊島屋酒造

東村山にある酒蔵

東村山市にある「豊島屋酒造」は、「金婚」「屋守(おくのかみ)」などの銘酒で知られる酒蔵です。

特に、明治天皇の銀婚式にあやかって命名されたという「金婚」は、明治神宮、神田明神の東京二大神社の御神酒として納められている唯一のお酒です。

また、豊島屋酒造は現在、白酒を醸造する日本で唯一の酒蔵となっています。

さらに、樽酒を結婚式に用いる風習も、豊島屋から始まったといわれています。

直売所も併設する豊島屋酒造

1596年、江戸の一杯飲み屋が始まり

その歴史は、1596年までさかのぼれます。

江戸城建設のための人足でにぎわう神田鎌倉河岸で、初代・豊島屋十右衛門が酒屋兼一杯飲み屋を始めたのがその興りと伝わっています。

十右衛門は、江戸では草分けとなる白酒の醸造を始め、今の居酒屋の原型ともいえる酒の肴の提供などを行って、店を繁盛させました。

後に豊島屋は豊島屋本店となり、その醸造元として、昭和初期に東村山の現在地に酒蔵を設立しました。それが豊島屋酒造です。

 

150メートルの地下から水を汲む

東村山の地が選ばれた理由の一つは、もちろん、都心の「本店」との近さがあります。

それに加えて、東村山には、酒造りに適した水がありました。

豊島屋酒造がある現在地には、以前、別の酒蔵があったといいます。当時は80メートルの地下から水を汲んでいたそうです。

豊富な水脈を示すように、酒蔵の前には、現在は保存樹木にも指定されているケヤキの大木があります。

豊島屋酒造は、さらに深い150メートルの井戸を掘り、現在もそこから水を得ています。

(豊島屋酒造ホームページから転載)

甘みとキレ、にこだわり

そんな豊島屋酒造のお酒の特徴は、「ふっくらとした甘みとキレの良さ」だそうです。

同酒蔵の営業部長で、酒造りに20年以上かかわる田中孝治さんはこう話します。

「甘いもの、華やかなもの、など酒質によってさまざまありますが、蔵として大切にしているのは、口にふくんだときに感じるお米の甘さと、余韻の短さ。それがウチの特徴ですね」

 

地域に根ざし、人の縁を醸す

豊島屋酒造では、酒蔵に直売所も設けて、ここでしか買えない限定酒の販売も行っています。

限定酒は搾り立ての酒がほとんどで、フレッシュな味わいを楽しめます。

「せっかく酒蔵までお越しくださった方々に、特別なものをお求めいただきたいと思って限定酒販売を行っています」

と田中さん。

ちなみに、この直売所は「醸しの場」と命名されており、時にはイベントなども開かれています。

「お酒は人と人の縁をつなぐもの。私たちはお酒を醸すのと共に、人の縁も醸したいと考えています」

と田中さんは話します。

そんな方針を持つ豊島屋酒造では、秋に新酒お披露目のフェスティバルを開くなど、地域に根差し、さまざまなイベントも開いています(イベントの予定などはFacebookで紹介されています)。

酒蔵やイベントなどについてお聞きしたインタビューを約8分の動画に編集しています。

最後には、視聴者に向けたメッセージもいただきました。ぜひご覧ください。

動画(7分52秒)

ポイント

豊島屋酒造

公式ホームページ

◎042・391・0601

◎東村山市久米川町3-14-10

飲食店支援に酒蔵が協賛 東村山・豊島屋酒造

レシート持参で限定酒200円引きに  東村山でテイクアウトしたレシートをご持参いただければ、限定酒を200円引きで提供します――。 東村山市にある豊島屋酒造が、市内の飲食店を応援する企画「# ...

編集部おすすめ

1

9月23日は二十四節気の秋分。太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等分です。 季節はこれから「陰」の気を深くしながら、秋の夜長へと移行していきます。空気も澄んで、夜空に輝く月もひときわ美し ...

2

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

3

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

4

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

5

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

6

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

7

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

8

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

9

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.