「お家の庭で楽しみたい」 お庭の専門店「ベストガーデン」に大型改修の注文多数

新型コロナウイルスの影響が長引きそうな今、庭の大型リフォームに取り組む人が増えています。

旅行などに行けない分、「せっかくの我が家の庭を活用したい」とこの機会に検討する人が多いそうで、ワンポイントの修繕というよりは、庭全体をがらりと変えていくケースが目立つそうです。

 

 「コロナ」で増えている住まい改修 喫茶、バーベキュー、育児、愛犬etc

「庭でお茶を楽しみたい、バーベキューをしたい、子どもを遊ばせたい、など、目的がはっきりしている方が多いです。そのため、ウッドデッキと目隠しフェンスが必要――という感じで、庭全体を作り変えていく施工が増えています」

そう話すのは、西東京いこいの森公園そばに事業所を置く「ベストガーデン」の福嶋社長です。

同社では、パソコンで3Dの完成イメージ図が作れるため、見積もり段階から「西側に目隠しフェンスを入れてほしい」「ここに芝生を」「ウッドデッキの色をもっと濃いものに」といった具体的な相談ができるといいます。

「イメージを共有して工事できるので、お互いに安心ですし、完成後も皆さまにご満足いただいています」と福嶋社長。

なお、混み合っているそうなので、気になる人はまずお電話を。

福嶋社長は「お庭を見ながら外でお打ち合わせをしますので、家の中に入ることはありません。安心してご相談ください」と話しています。 

ベストガーデン

ベストガーデン(当サイト記事)

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.