東久留米の主婦が考案 ちょっとオシャレに「マスク休憩中」

マスクをしなきゃいけないけど、常に着けているのはわずらわしい。でも、カバンに出し入れするのも面倒で……。

そんな悩みを解消する新商品の情報が、編集部に届きました。

考案したのは、東久留米市の主婦。そして、気になる商品名は「マスク休憩中」。

さて、その商品とは……?

首からマスクを簡単に吊るせる「マスク休憩中」

 

「7月の暑い時期に熱中症の話題などもあり、このままマスクを着け続けるのは大変だな、もしかして、マスクを胸に吊り下げられたら便利なのでは!? と思いつきました」

そう話すのは、ふだんからあれこれ着想するのが好きで、発明学会の会員でもあるという志藤美和さん。

考えついたのは、ネックレスの両端をマスクの紐と結ぶことで、手軽にマスクを吊り下げられるという商品でした。

眼鏡などでも見受けられる商品ですが、ポイントは、マスクの紐に過度の負担(重み)をかけてはいけない点でした。

同時に、取り外しが簡単にできるタイプでないと不便なため、着脱用のフックは、扱いやすいサイズが求められます。
もちろん、見た目の洗練度も重要です。

そうした点を意識しながらあれこれと組み合わせを模索し、最終的に、3つの商品を生み出しました。

マスクに付けても気にならないサイズのチェーン

 

1つは、金色のチェーンで、両端の金具は20ミリというタイプ

もう1つは、シルバーのチェーンで、両端金具は16ミリ

いずれも材質は真鍮・鉄・金メッキ・銀メッキで、重さは約2グラム。チェーンの長さは約50センチです。

3つめは少し雰囲気が異なり、こちらはレザータイプ

レザーは黒、金具はアンティークゴールド色。材質はダイカスト、硬鋼線、真鍮、レザーで、重さは約8グラム。
レザーの長さは37〜70センチで、好みで選べるとのこと。

なお、このほか、天然石をつけるタイプなども考案しています。これからタイプが増えていくかもしれません。

マスクの紐との接着のイメージ

 

気になる使い勝手は……

さて、気になるのは使い勝手ですが、利用者からの感想では、

・幅広のマスクにも簡単に着脱できて、使いやすい
・重そうに思ったけど、着けてみると、まったく重さを感じなかった
・アクセサリー感覚で使える。出先で何かを飲むときなどに便利
・アゴに掛けるのがいやだったので、とても気に入っている
・実用的。ただ、耐久性は少し気になるかも

といった声が寄せられているとのことです。

なお、商品は特許出願中で、発明学会にも納品しているとのことです。発明学会のオンラインショップでも購入できます。

志藤さんは、「マスク休憩中」専用のサイトも立ち上げ、通販もスタートしています(サイトはこちら)。

ちなみに、「マスク休憩中」のユニークなネーミングは、家族で知恵を絞ったものとのこと。

詳しくは公式サイトへ。

「マスク休憩中」

編集部おすすめ

1

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

2

コロナ禍のもとで迎える2度目の6月。世の中が右往左往しているうちに、今年も、はや1年の折り返し点の月がやってきました。 暦は自然のリズムそのもの。人の世に何があろうと、淡々と流れてゆきます。 21日に ...

3

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

4

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

5

持続可能な世界を目指す国際的な取り組み「SDGs」を地域から実践しようと、5月17日、小平市内にキャンパスがある錦城高等学校3年生の櫻井晃太郎さんと山田祐菜さんが小平市環境政策課を訪ね、「ミートフリー ...

6

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。 「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は ...

7

東久留米市に10万平方メートルのキャンパスがある自由学園が、今年、創立100周年を迎えています。 4月には、それを記念した書籍『本物をまなぶ学校 自由学園』が出版されました。 自由学園南沢キャンパス ...

8

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

9

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.