奥野式典のコラム 「コロナで増えた、一日葬のこと」

仏事のよろず相談所

奥野式典 奥山太郎さんコラム

 

先日、NHKの朝の人気番組「あさイチ」で、「コロナ禍におけるお葬式」をテーマに特集をしていました。

その中で特に印象的だったのは「一日葬」「直葬」の増加についてでした。

120の葬儀社へのアンケートでは、お通夜を行わない「一日葬」については過半数の業者が増加を実感しています。

また、儀式を行わず直接火葬場に行く「直葬」(当社では「火葬プラン」)については、非常事態宣言が出されていた4、5月中については67・5%、少し落ち着いた8月以降でも56・7%もの業者が「増えている」と答えています。

当社の実感でも、「一日葬」「火葬プラン」のご要望は増加しています。
この状況が長引けば、葬儀の簡略化は定着することになるのでしょう。

葬儀が簡略化していくなかで心配されるのは、業者間の安さ競争です。

一見、「歓迎すべきこと」かもしれませんが、安さを追求する会社は「多売」を志向するので、一つ一つのご葬儀が機械的にこなされかねません。

ご家族の気持ちよりも業者の都合が優先され、例えば、最後の棺を閉じるのも流れ作業のように行われてしまいます。
スタッフも、研修を受けただけ…という人が現場を任されることもあり得ます。

最後のお別れの場がそのような流れ作業で終わって良いのだろうか、という疑問はぬぐえません。

また、現実問題として、「一日葬」や「直葬」は実は業者の力量が問われる、という面があります。
短時間に行うことが多いため、手際の良さや柔軟さが求められるのです。

ご検討の方には、ぜひ業者の経験を重視するようお勧めします。

なお、当社は「一日葬」でも幾つかのプランを用意しています。ご予約のうえ、ご相談ください。

プロフィール

奥山 太郎

葬儀社「奥野式典」の葬儀担当者。同社は三鷹市に本社を置き、東久留米市西部地域センター目の前に「お葬儀相談センター」を開いている。1日葬から一般葬・社葬まで、さまざまな葬儀に対応。特に、生花祭壇に定評があり、過去の実例は相談センターで公開もしている。事前相談は、奥山さんほかベテランスタッフが対応するので予約のうえ来訪を。公式ホームページ:http://www.okunoshikiten.jp/

編集部おすすめ

1

地域紙「タウン通信」の2020年12月2日号のPDFが下記からご覧いただけます。 この号では、新型コロナウイルスによる教育現場への影響について、東久留米市にある自由学園の更科幸一校長(男子部)にお聞き ...

2

世界中が新型コロナウィルス禍に右往左往しているうちに、今年も納めの月となりました。例年ならば、クリスマスや忘年会で盛りあがる時なのですが―。 暦を見ると、今年は「七赤金星(しちせききんせい)」が中宮に ...

3

新型コロナウイルスの拡大は、「教育」にどのように影響しているのでしょうか。 「『コロナ』と地域」をテーマに各方面に取材を行っている「タウン通信」では、今回、幼児部から最高学部(大学に相当)まである私立 ...

4

新型コロナウイルスにより日常生活にも多大な支障が出た2020年。このウイルスに対して、北多摩エリアの“地域”はどのように対応してきたのでしょうか。 「タウン通信」では、各方面に取材をし、「そのとき」の ...

5

5000円分のレシート貼付で応募すれば、抽選で10万円分の買物券が当たるかも――。 小平市で、そんな見逃せない「ALLこだいら歳末キャンペーン」が実施されます。 小平市内の店で買い物をした総計5000 ...

6

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペー ...

7

小平市が、「(仮称)小平市第三次環境基本計画」の素案を作成し、市民の意見を募るパブリックコメントを行っています。意見募集は12月15日(火)までです。 「(仮称)小平市第三次環境基本計画」は、市が進め ...

8

11月20日(金)、西東京市役所で、12月の定例議会を前にした西東京市長記者会見が開かれました。 会見では、多くの時間が「新型コロナウイルス感染症」の感染状況や市の経済対策の説明に割かれました。 「コ ...

9

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」 カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.