葬儀社「SAKURA」女性代表が母への思いを胸に創業

この春、地域にまた一つ、葬儀社が誕生しました。
その名は「SAKURA(さくら)」。

ローマ字綴りの社名は、代表・井手上恵さんが亡母を送ったときにちなむもので、「喪主の気持ちに寄り添う」という原点を忘れないためのものだそうです。

「療養中の母を連れ出し、一緒に桜を見上げたのが最後の思い出。私の中で、桜は大切な人の象徴です。皆さまに、『一生の宝にしていけるようなお別れの時間をお届けしたい』と思っています」  と井手上さんは話します。

葬儀社「SAKURA」を創業した井手上恵さん

■体験がきっかけ

そもそも井手上さんの創業は、昨年の両親の逝去がきっかけだといいます。3カ月の間に両親をそれぞれ送った井手上さんは、2つの異なる葬儀を体験することになりました。

10年以上葬儀スタッフとして働いてきた井手上さんですが、父の葬儀はよく知る葬儀社に依頼。ところが、流れ作業のように進む葬儀に違和感を覚えたといいます。

「喪主が私だったので、『葬儀のことは知っているだろう』と淡々と進めたのかもしれません。ただ、機械的で寂しい感じがしました。結局、途中からは自分で手配することも多く、慌ただしくて悔いの残る別れでした」

この経験から、3カ月後の母のときには、あらかじめ葬儀社に希望を伝え、生花祭壇も自分でデザインするなど、やりたいスタイルを貫きました。
その結果、納得のいくお別れができたといいます。

「葬儀はシステム化しています。しかし、本当に大切なのは、喪主の気持ちを尊重すること。効率重視のなかで手作りの温かい葬儀を提供したいと思い、創業したのです」

さまざまな祭壇をアレンジできる

■見積もり以内の施行

そんな同社の特徴は大きく3つです。

①必ず見積もり以内
見積もりには「予備費」を設け、提示金額内で収まる工夫をしています。
「追加料金は不快なもの。後味の悪いご葬儀にしたくない」と井手上さん。なお、予備費を使わなかった場合は、内訳を明瞭にして返金しています

②女性目線のきめ細かなサポート
弔問客の接客、生花祭壇のアレンジなど、女性らしい心配りに定評があります

③思い出コーナー
ニーズに応じて、思い出コーナーなど、故人を偲ぶ工夫を凝らしています。

以前作成した「思い出コーナー」

葬儀はどこでも対応可能です。事前相談など無料で実施。気軽にご相談を。

 ◎葬儀社「SAKURA」

編集部おすすめ

1

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

2

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

3

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

4

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

5

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

6

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

7

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

8

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.