太宰治文学賞作家・志賀泉さんが描くフクシマ『百年の孤舟』

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。

志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。
親族は今も当地におり、震災以降は、支援のために頻繁に被災地を訪ねています。旧友等、当地の人々との交流も続けており、今回の短編集では、原発事故によって生活が一変した人々の姿を生々しく描きました。

表題にもなった短編「百年の孤舟」では、志賀さん自身が故郷で最も好きな場所(作中では架空の名称)と語る浦を舞台に、原発避難を強いられた中年男性が、祖父の思い出や弟との軋轢を通して、「土地」と向き合っていく姿を描いています。
土地に根付いて生きること、「帰る場所」の重みとはどういうものかを突きつけられる一作です。

なお、短編集および、被災地となった故郷への思いは、先日、志賀さんにインタビューした記事を動画付きで公開しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

 ◎「コロナ禍で考える3.11からの10年」(志賀さんインタビュー)

全4編収録。B6判、169ページ、荒蝦夷発行。1980円。ネット書店「honto」で販売中。福島県福島市出身の詩人・和合亮一さん推薦。

なお、作品の背景などについては志賀さんのブログが参考になります。

※取り扱い書店が限定されているため、同書については「タウン通信」でも注文を受け付けます。なお、送付に当たっては別途、送料を頂きます。詳しくは電話でお問い合わせください。042・497・6561

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.