ハハたちによる子ども服の譲渡会 6月4日「福meguru」

西東京市の子育て中の女性5人のグループ「ハハマナブ」が6月4日午前10時から午後1時まで、西東京市リップル西東京で、子ども服を譲る催し「福meguru」を行います。

4月に実施された西原自然公園での「福meguru」

 

幼児から小学生の洋服を中心に無料譲渡するもので、イベントとしては今回が2回目。

グループメンバー自身が服の譲渡会やバザーが好きだったことから、「自分たちもやろう!」と企画。知人から服を集め、当日に向けて準備を進めています。

 

母たちで作る会「ハハマナブ」

このグループ「ハハマナブ」は、講演会などで知り合った女性メンバーで結成する「自分たちが面白いと思ったことをやってみる」という“自然体”の会。

関心の赴くまま自由に活動しており、先日は、市長選挙に興味を持って候補者インタビューを敢行するなどしています。

最近では、「子どもの成長に食は大事」という観点から、学校給食の問題に向き合っており、近々、池澤隆史市長に「学校給食に有機野菜などを取り入れてほしい」と直訴する予定でもいるとか。

ただ、本人たちは、「眉間にシワを寄せて運動しているわけではありません。自分たち自身が楽しんで活動や生活できることを大事にしています」(代表の竹之内あかねさん)とのこと。

今回の「福meguru」も、「もらう人にとっては必要なものが手に入る。あげる人にとっては、不用のものが誰かの役に立つ。そんな交流に心地良さを感じます」という思いから企画しているそうです。

前回開催時の出品物

 

なお、当日、不用服の受け取りは行いません。

譲渡服については、香料の入った洗剤が使われた洋服はなるべく別に分けているとのこと(ただし、保証はできないそうです)。

入場無料、予約不用。
(※非常事態宣言の状況等で会場が使用不可の場合は中止)

詳しくは同会(hahamanabu@gmail.com)へ。

編集部おすすめ

1

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

2

コロナ禍のもとで迎える2度目の6月。世の中が右往左往しているうちに、今年も、はや1年の折り返し点の月がやってきました。 暦は自然のリズムそのもの。人の世に何があろうと、淡々と流れてゆきます。 21日に ...

3

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

4

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

5

持続可能な世界を目指す国際的な取り組み「SDGs」を地域から実践しようと、5月17日、小平市内にキャンパスがある錦城高等学校3年生の櫻井晃太郎さんと山田祐菜さんが小平市環境政策課を訪ね、「ミートフリー ...

6

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。 「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は ...

7

東久留米市に10万平方メートルのキャンパスがある自由学園が、今年、創立100周年を迎えています。 4月には、それを記念した書籍『本物をまなぶ学校 自由学園』が出版されました。 自由学園南沢キャンパス ...

8

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

9

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.