国の重要有形民俗文化財「清瀬のうちおり」調査報告書刊行

清瀬市の旧家、森田家から提供された101点を含む「うちおり」496点を収集・整理した報告書が、清瀬市郷土博物館から刊行されました。

「うちおり」とは、農村の女性が、屑まゆから取った絹糸や木綿糸など手持ちの材料を使って家族のために織った「ボロ(襤褸)」とも呼ばれる素朴な織物のことです。

「清瀬のうちおり」は、明治時代から昭和20年頃にかけて織られた縞織物が中心で、所有者からの聞き取りにより、いつ頃誰がどこで何の目的で織ったのかが明らかにされているものが多く、この時代の生活や習俗、衣文化を知る上で歴史的価値が高い資料であるとして、2017年3月に国の重要有形民俗文化財に指定されました。

当時の人々が、使える布地を最後まで大切に使い切ったことがわかり、その対極にある現代の「ファストファッション」について考えるきっかけになるかもしれません。

「森田家のボロ(襤褸)資料調査報告書」は、A4版119ページで2,000円。

同館と市役所、ブックス・いいだクレア店で購入できます。

お問い合わせは、企画部郷土博物館事業係(☎042-493-8585)まで。

2017/5/16

「清瀬のうちおり」 国の重要文化財に

清瀬市郷土博物館が所蔵する、同市および周辺地域で収集された自家用の着物・布地である「うちおり」衣料469点が、国の重要有形民俗文化財に指定されました。   生活に密着した普段着がまとまって残っていることや、養蚕や織物を行った多摩地域の家庭の衣料事情を今に伝える点などが高く評価されました。 「清瀬のうちおり」は、くず繭や残糸を用いて仕立てたもので、羽織、半纏、襦袢、帯、足袋、風呂敷などさまざま残っています。 詳しくは同館(042・493・8585)へ。 [リンク] 清瀬市郷土博物館

ReadMore

編集部おすすめ

1

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

2

コロナ禍のもとで迎える2度目の6月。世の中が右往左往しているうちに、今年も、はや1年の折り返し点の月がやってきました。 暦は自然のリズムそのもの。人の世に何があろうと、淡々と流れてゆきます。 21日に ...

3

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

4

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

5

持続可能な世界を目指す国際的な取り組み「SDGs」を地域から実践しようと、5月17日、小平市内にキャンパスがある錦城高等学校3年生の櫻井晃太郎さんと山田祐菜さんが小平市環境政策課を訪ね、「ミートフリー ...

6

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。 「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は ...

7

東久留米市に10万平方メートルのキャンパスがある自由学園が、今年、創立100周年を迎えています。 4月には、それを記念した書籍『本物をまなぶ学校 自由学園』が出版されました。 自由学園南沢キャンパス ...

8

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

9

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.