SDGsニュース(1) 国連総長からの気候変動へのメッセージ

 

#001<国際マザーアースデーに寄せるアントニオグテーレス国連事務総長のメッセージ>

国連広報センター ニューヨーク 2020年4月22日

第1回のニュースは、アースデーの日に出された国連事務総長のメッセージです。短い記事ですが、大切な視点が2つあります。

<視点1>アースデー=4月22日が「地球環境を考える日」として、国連等の国際的な枠組みの中で認識されていること。日本でも都内代々木公園や地元西東京市で、このアースデーを契機に地球環境を考えようというイベントが行われました。この日、世界中が繋がっていたんですね!

<視点2>新型コロナウイルス感染症と同様に気候崩壊による滅亡の危機からも地球を守らなければならないこと。そして、今後の復興は社会生活全体を環境負荷が低く持続可能性が高いものにし、自然環境や生物多様性の保全だけでなく経済活動の持続可能性も高めながら、社会・経済復興を目指すレジリエント※なものでなければならないことを強く訴えていました。持続可能性が高い「しなやかな」社会や経済に再生していくことは、今こそ必要な考え方ですね。

<註>レジリエント(resilient)は、「どんな衝撃にも耐えられる強さ」という意味ではなく、「衝撃に打ちのめされてもすぐに元に戻れる、いい方向へ持っていける力」が大切。ゴムが衝撃を受けて変形しても直ぐに元の形に戻る力を持っているような「しなやかな感じ」が“resilience/resilient”の本質だ、と言われる。「強靱な」と訳したい人達がいるようだが、むしろ「しなやかさ・弾力性・柔軟性」等と訳されるのが一般的。

 

#001<国際マザーアースデーに寄せるアントニオグテーレス国連事務総長のメッセージ >

国連広報センター ニューヨーク 2020年4月22日

https://www.un.org/en/observances/earth-day/message”(原文)
https://www.unic.or.jp/news_press/messages_speeches/sg/37254/”(日本版)

 

国際マザーアース・デーを迎える今日、全世界が第二次世界大戦以来の最大の危機である新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を注視しています 。

私たちは一丸となって命を救い、苦しみを和らげ、経済的・社会的衝撃を軽減しなければなりません。COVID-19の影響はすぐそこにあり恐ろしいものです。

しかし、もうひとつの深刻な緊急事態が存在します。拡大している地球の環境危機です。

生物多様性が急速に失われています。気候崩壊は後戻りできない域に達しようとしています。

私たちは決意をもってCOVID-19と気候崩壊よる滅亡の危機から地球を守らなければなりません。現在の危機は、これまで経験したことのない私たちへの警鐘です。

私たちは、この復興を、未来のために正しいことをする真の機会とする必要があります。

私は今後の復興とそのための取り組みを形作る、6つの気候に関する行動を提案します。

第1:COVID-19からの復興への取り組みに多額の資金を費やすなか、環境に配慮したグリーンな方法で新しい雇用やビジネスを提供しなければなりません。

 

第2:税金による事業救済措置は、環境に配慮した雇用と持続可能な成長の達成に関連づける必要があります。

 

第3:財政支援策は、CO2を排出する経済からグリーン経済への転換を促し、社会や人々をよりレジリエント(resilient)※にしなければなりません。

 

第4:公的資金は過去ではなく、未来のために投資されるべきであり、環境・気候変動対策に寄与する持続可能な経済部門やプロジェクトに向けられるべきです。化石燃料への補助金は撤廃し、汚染に加担している者は代償を払わなければなりません。

 

第5:気候リスクや機会は金融制度、公共政策の立案、そしてインフラにも含まれるべきです。

 

第6:国際社会として協力し取り組む必要があります。

 

以上の6つの原則が、私たちがともによりよく復興するための重要な手引きとなります。

ウイルスと同様、温室効果ガスは国境などに配慮をしません。

今年のアース・デーに際し、地球、そして人々にとって健全でレジリエント※な未来の実現を私とともに訴えてください。

アントニオ・グテーレス国連事務総長

 

プロフィール

SDGsニュース

地域から地球環境を考えよう! そんな思いで連携する西東京市の「アースデイネット」が発信するSDGs関連のニュースです。

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.