SOMPOグループの安心感 入居一時金0円で「自由と安心」

2021年11月17日

高齢で独居が不安、認知症などで同居が難しい、地方の親を呼び寄せたい――。そんなニーズの受け皿の一つがサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)。SOMPOグループのSOMPOケアでは、この地域で複数のサ高住「そんぽの家S」を展開する。西東京市の「武蔵野」と「保谷駅前」を訪ねた。

S武蔵野のモデルルーム

 

誰でも入れるサ高住「そんぽの家S」

「私たちの理念は『人間尊重』です。一人ひとりの価値観を大切に、どのような方にも自由な暮らしを約束しています」

と、「武蔵野」のホーム長・牛田寿夫さん。

その言葉通り同ホームでは、毎日を自分のペースで過ごせ、外出や面会も自由(コロナ禍で多少制限中)。食事は個室のミニキッチンで自炊もできるし、食堂で温かな三食を頼むこともできる(有料)。

居室は全室お風呂付きのワンルーム。緊急通報装置が付いており、毎日の安否確認もあるので安心だ。  入居一時金はなく、敷金や礼金が不要なのもうれしい。入りやすいので、「数カ月だけ試しで暮らす」という人もいるという。

「武蔵野」で特に特徴的なのは、訪問看護やヘルパーのステーションを併設している点。牛田さんはケアに自信を示す。

「健康な方が暮らすイメージのサ高住ですが、私たちはどなたでも歓迎です。実際、この半年で6人をお看取りしています」

脳梗塞による身体マヒや重度の認知症で入居してくる人も多いそうだ。

 

保谷駅前は価格変更

一方の「保谷駅前」は、保谷駅徒歩2分の好立地。高層階なら眺望抜群。ホテルのような佇まいで、ここを拠点に都心まで通う人もいるという。先日家賃が5万円下がって関心を集めているので、見学は空室のあるうちにお急ぎを。 ※見学予約は左から各ホームへ。

※地域紙「タウン通信」455号(2021年11月17日発行号)から転載

SOMPOケア

 

編集部おすすめ

1

任期満了に伴う東久留米市長選挙に、同市議会議員の富田竜馬さん(44、無所属)が出馬表明した。 富田さんは市議の5期目。過去に議長も務めた。

2

東久留米市の並木克巳市長が、12月26日投開票の市長選挙に立候補しない意向を公表した。体調不良を理由に挙げている。 東久留米市長   並木市長は2期8年を務めており、書面を通じて、「『コロナ ...

3

JA東京むさし小平地区はこのほど食育活動表彰で農林水産大臣賞(教育関係者・事業者部門)を受賞し、その記念として、同市の公立小中学校・全27校の児童・生徒に小平市産ブルーベリージュース180ミリリットル ...

4

2月実施の西東京市長選挙でまかれた法定ビラは違法なものだとして、同市の選挙人が選挙の無効を求めた裁判で、11日、東京高等裁判所は原告の請求を棄却した。 ビラの違法性を認めつつ「選挙人の自由な判断による ...

5

暦の上では初冬の11月。日暮れがめっきり早くなって、7日には二十四節気の立冬を迎えます。でも、この『タウン通信』エリアでは、ところどころでまだ美しい紅葉の秋景色も楽しめます。 そしてこの時季、神社にで ...

6

持続可能な社会のために文化の力が必要だ――「文化の日」に合わせ、本紙では、文化を切り口に環境問題やSDGsに取り組む地元の2者の対談を行った。 多くの環境団体が参加する「アースデイネット連絡協議会」か ...

7

「科学と女性」の本  多摩六都科学館では5日から12月5日まで、ミニ企画展「科学の本棚Ⅱ~科学と女性~」を開く。 活躍中の女性研究者が紹介する本や、女性科学者についての本など、約100冊を紹介する。詳 ...

8

アースデイ2021〈秋のフェスティバル〉は、以下のように実施予定。 秋のフェスティバル・ポスター=イベントの詳細は上画像からPDFをご覧ください(情報誌のPDFにリンクしています) イベントの詳細は上 ...

9

西東京市在住の切り絵作家、小出蒐さんの作品展「平家物語絵巻 ~小出蒐 切り絵の世界~田無神社展」が、田無神社おみくじ処で、令和3年10月9日(土)から開催されている。 小出さんの「平家物語絵巻」は20 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.