SOMPOグループの安心感 入居一時金0円で「自由と安心」

2021年11月17日

高齢で独居が不安、認知症などで同居が難しい、地方の親を呼び寄せたい――。そんなニーズの受け皿の一つがサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)。SOMPOグループのSOMPOケアでは、この地域で複数のサ高住「そんぽの家S」を展開する。西東京市の「武蔵野」と「保谷駅前」を訪ねた。

S武蔵野のモデルルーム

 

誰でも入れるサ高住「そんぽの家S」

「私たちの理念は『人間尊重』です。一人ひとりの価値観を大切に、どのような方にも自由な暮らしを約束しています」

と、「武蔵野」のホーム長・牛田寿夫さん。

その言葉通り同ホームでは、毎日を自分のペースで過ごせ、外出や面会も自由(コロナ禍で多少制限中)。食事は個室のミニキッチンで自炊もできるし、食堂で温かな三食を頼むこともできる(有料)。

居室は全室お風呂付きのワンルーム。緊急通報装置が付いており、毎日の安否確認もあるので安心だ。  入居一時金はなく、敷金や礼金が不要なのもうれしい。入りやすいので、「数カ月だけ試しで暮らす」という人もいるという。

「武蔵野」で特に特徴的なのは、訪問看護やヘルパーのステーションを併設している点。牛田さんはケアに自信を示す。

「健康な方が暮らすイメージのサ高住ですが、私たちはどなたでも歓迎です。実際、この半年で6人をお看取りしています」

脳梗塞による身体マヒや重度の認知症で入居してくる人も多いそうだ。

 

保谷駅前は価格変更

一方の「保谷駅前」は、保谷駅徒歩2分の好立地。高層階なら眺望抜群。ホテルのような佇まいで、ここを拠点に都心まで通う人もいるという。先日家賃が5万円下がって関心を集めているので、見学は空室のあるうちにお急ぎを。 ※見学予約は左から各ホームへ。

※地域紙「タウン通信」455号(2021年11月17日発行号)から転載

SOMPOケア

 

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.