多摩六都科学館 10日まで「ロボットパーク」

2022年1月4日

60年前のロボットを稼働  “遺品”の相澤ロボットの初披露も 

多摩六都科学館に、貴重なロボットが常設展示されているのをご存じだろうか――。旧保谷市で約800体も作られたといわれる通称「相澤ロボット」は、1970年の大阪万博で展示されたり、台湾や上海のイベントに出展されたりと、国内外の子どもたちを魅了した。
そのうちの2体が同館にあり、現在会期中の「ロクトロボットパーク」では、期間限定の稼働や、知られていなかったロボットの初披露がされている。

 

保谷を拠点に生まれた相澤ロボット

「相澤ロボット」は、技術者の相澤次郎さん(1903年―96年)が製作指揮を執って生んだロボットのこと。

30年代から80年代までの長い期間にわたって作られ、各地のイベントに出展された。子どもたちに夢を与え、科学技術の面白さを伝えることが目的で、四角い顔に大きな丸い目など、親しみやすい姿が特徴。電力で実際に動くものもあった。

これまで現存するのは11体とされ、そのうちの2体が多摩六都科学館で常設展示されてきた。同館だけ常設展示ができているのは、相澤さんが旧保谷市に暮らした縁から。展示には破損の懸念などが付き物だが、管理する「(公財)国際医療福祉教育財団」が「地元での展示なら」と理解を示しているという。

多摩六都科学館で常設展示されている「ミスタースパーク」と、修復などにかかわる岡本正行さん

 

貴重な存在 ミスタースパーク

特に、2体のうち「ミスタースパーク」というロボットは1962(昭和37)年の製作で、塗装や部品などが当時のままで残る貴重なロボット。約100キロの重量で、立ったり座ったりができるが、その性能ゆえに転倒が心配され、あまり外に持ち出されなかったのが幸いした。
頭部には電飾が付いているが、これはクリスマスのデコレーションや、仏壇に置くイミテーションのロウソクを転用したもの。専用の部材がないなかで、創意工夫で製作されたことを今に伝える。

「ほかのロボットでは、トラックのライトやミシンのペダルなどが使われています。その工夫に驚きます」

相澤ロボットの修復に携わり、「ロボットパーク」の協力もする株式会社MANOI企画の代表・岡本正行さんはそう話し、同科学館と相澤ロボットの関係を「日本の科学技術において重要なもの」と評価する。

「今の日本の教育では、幼少時にロボットに興味を持っても、中学生になると部活や受験で途絶えてしまう。その隙間を埋められるのは、このような地域の科学館。日本の科学技術が世界から遅れ出すなか、地元にあった夢が次世代に引き継がれたら素晴らしい」

初公開となる「ロボット楽団」

 

ロボットパークでは体験型も豊富に

同科学館では例年冬季に「ロボットパーク」が企画されており、この冬も1月10日まで開かれている。

普段は行わないミスタースパークの稼働のほか、ロボットバトルやサッカーなどの体験型の展示を多数行う。
岡本さんによると「(人手がかかるため)体験型展示がこの規模で揃うことはほとんどない」そうで、ロボットの操作体験の点でも貴重な機会となりそうだ。

なお、今回、これまで知られていなかった15体セットの「ロボット楽団」が初披露されている。
これは昨年、遺族から公開されたもの。相澤さんの遺品として大事にされてきたものだそうで、一切修繕を行わずに展示されている。

入館料のみで見学・参加できるが、新型コロナウイルス感染予防のため、入室制限などが行われる場合がある。

詳しくは同館(042・469・6100 公式ホームページ)へ。

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.