今年もいろいろありました―― 振り返る“地域の2022年”

本紙の発行は今号が年内最後。本紙が報じた地域の2022年を振り返ってみた。

   ***

不測の市長交代

1月19日が任期満了だった東久留米市長の選任は、前市長の体調不良で前倒しに。同市政は、富田竜馬新市長の下で新年を迎えた。

清瀬市は、2月に渋谷金太郎市長が死去。およそ1カ月超の市長不在期間を経て4月に澁谷桂司市長が就任した。

なお、左記事にもある通り、今月25日㈰投開票で、西東京市議会議員選挙が行われる。

 

戦争と物価高

衝撃的事件のあった今年、真っ先に挙がるものの一つはロシアによるウクライナ侵攻だ。各市長・議会が抗議文などを出すなか、草の根の支援イベントも目立った。ちなみに、前号で紹介した避難者によるボルシチの店「Nadiya」(西東京市)では、本紙発行直後の営業日は約30分で完売する混雑ぶりだったとか。心を寄せる市民の多さに感動すると同時に、関心が一過性でないことを祈りたい。

さて、侵攻を契機にした世界情勢の不安定さは、物価高なども招いた。各市ともその対策として、スクラッチカードや支援金の給付、電子決済キャンペーンなどで地域振興に取り組んだ。

また、フードパントリー、子ども食堂など、助け合いの活動も盛んに見られた。

 

コロナから日常へ

この2年ほど振り回された新型コロナウイルス感染症は、少し落ち着いたといえる。私たちが冷静に向き合えるようになったこともあり、地域のイベントも少しずつリアルに開かれた。本紙記事でも「3年ぶり開催」の文字が頻繁に躍った。

世界規模でも、冬季五輪、サッカーW杯などが開催。東久留米市出身の川村あんり選手(スキー・モーグル。北京五輪で5位)や、サッカー・FC東京所属の長友佑都選手など、地元ゆかりの選手の活躍も見られた。

なお、東京五輪の体操・ゆか競技で個人・銅メダルを獲得した村上茉愛さんが、先月、小平市の観光まちづくり大使に就任している。

 

再生エネルギー

地域行政では、今年は再生エネルギーやDX(デジタルトランスフォーメーション)がキーワードとなった。西東京市や小平市はゼロカーボンシティ宣言も。

また、国が進めるマイナンバーカードの普及に当たり、各市とも申請サポートを充実させた。最大2万円分のポイント付与は今月末までの申請が対象なので、お忘れなく。

いろいろあった一年。今年最後の一行は、やはり地元ゆかりの長友選手の言葉をお借りしたい。

読者の皆さま、ブラボーな新年を!

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.