豚のおいしさ、ここにあり「シャルキュトゥリーモエ」

本場の製法で、日本に合う味を

東久留米市に店を構える「シャルキュトゥリーモエ」は、1頭の豚の頭から尻尾の先までを用いて、何百種類もの製品を作り出すシャルキュトゥリー(フランスの食肉加工品)の世界に魅了された、中川萌さんの店。生ハム、サラミ、パテ、ハム、ベーコン、ウインナー、ソーセージなど、豊富なラインナップのすべてが、中川さんによる自家製商品です。

シャルキュトゥリーモエ店主の中川萌さん

 

シャルキュトゥリーモエの特徴は、本場フランスのシャルキュトゥリーの製法はそのままに、味付けを日本の食卓向けにアレンジしていること。

「本場の味は、塩分とスパイスが強くて塩からいんです。私がフランスに修行に行った時に感じたのは、日本の食のアイデンティティ。調味料は最低限にして、素材の良さを引き出す。それを自分の店でやってみようと思いました」と、中川さん。

時間を掛けて熟成させることで、噛むほどに豚肉の旨味を堪能できる“やさしい味”が評判です。

 

店主セレクトの4品を紹介

中川さんに、初めて同店に訪れる方におすすめしたい4品をセレクトしていただきました! いずれもワインと一緒にいただくと、よりおいしく召し上がれるとのことです。

 

 

ジャンボン・モエ(1パック約870円/60g)

骨付きモモ肉に塩をすり込み、12ヶ月掛けて熟成させた生ハム。今まで私が食べてきた生ハムと比べると、ファーストコンタクトは非常に穏やか。しかし、噛む度に奥深い豚肉の味わいが口に広がっていき、「これが本当の豚肉の味だったのか」と思わせられたほど。中川さんの「(これは)シャルキュトゥリーの王様です」という言葉にも納得。

 

* * *

 

 

ベーコン(1パック約350円/90g)

「ベーコンはお店の名刺のようなもの」と中川さん。シンプルな作り方ゆえに¥、どのような特徴を出すかによってお店の方向性がわかるのだとか。同店のベーコンは、2週間掛けて熟成。豚肉の旨味と風味が、口の中にふんわりと広がっていきます。

 

* * *

 

白カビのサラミ(1本約1,090円/90g)

カマンベールチーズを思わせる白カビの香りと、サラミの出会い。乾燥させることで凝縮された旨味と、ふくよかな香りに思わずうっとりしてしまいそう。

 

* * *

 

 

<店舗情報>

◎東久留米市滝山7-17-24-103

◎042-474-9250

11:00~19:00(火曜定休)

http://www.charcuterie-moet.jp

 

編集部おすすめ

1

新型コロナウイルス(以下「コロナ」)との闘いが長期戦になりそうな今、改めて見直したいのが、そもそもの「健康」や「免疫力」です。 清瀬市にある明治薬科大学でセルフメディケーションを専門に研究・指導する石 ...

2

多摩北部に隣接する所沢市。今、所沢がどんどん変わっています。 所沢市と株式会社KADOKAWAによる大規模商業・文化施設「ところざわサクラタウン」は、11月6日のグランドープン予定。 それに先駆け、一 ...

3

多摩六都科学館の夏の特別企画展「カラダで実験! アタマで納得! ロクト運動サイエンスパーク」が、7月18日から始まりました。 会期は8月30日まで。 開催日前日の7月17日に内覧会が開かれたので、その ...

4

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるこの夏、西武園ゆうえんち(所沢市)は制限を設けながらプール営業を行うことを発表しました。 開園は7月18日(土)で、20日(月)から22日(水)までの3日間を休 ...

5

昭和39年頃から平成15年頃までの東村山の写真を展示する企画展「写真でふりかえる東村山の出来事」が、8月30日(日)まで、東村山ふるさと歴史館で開かれています。 企画展のポスター   広報誌 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.