駄菓子がつなぐ、大人と子どもの秘密基地「ヤギサワベース」

デザイナーが営む駄菓子店

今回は、子どもと一緒に楽しめる駄菓子店を紹介します!

西武柳沢駅北口の商店街にある「ヤギサワベース」は、2016年にオープンした駄菓子店。冊子や広告物などを制作しているデザイナー・中村晋也さんが店主を務めています。

編集者視点で考えると、「えっ、集中力を要するデザインの仕事をしながら子どもの接客をするのって、すごい大変なのでは……!?」と思ったのですが、「映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の主人公・茶川竜之介が小説を書きながら駄菓子店を営む様子に憧れた」と中村さん。しかし、オープンして1年ぐらいの間は、仕事の都合でお店を開けられないことがしばしばあったそう。

「……これじゃ、ダメだ」

中村さんが思い描いていたのは、自身が子ども時代に通っていた“駄菓子屋”。原風景とも言える“子どもの身近な存在でありたい”と、決意を改めます。

「妻が仕事を辞めて、お店を手伝ってくれることになったんです。感謝しています」

現在は、奥さんと二人三脚でお店に立つ日々。

ヤギサワベースで特徴的なのは、店内の中央に置かれたテーブルです。子どもたちがコミュニケーションを取れるようにと、テーブルの上にはオセロや将棋などのアナログゲームがいくつも置かれています。

 

目指すは「子どもの社交場」

「店内では、携帯ゲーム機などの一人で遊ぶものは禁止。子どもの社交場を目指しています」

一方で、休日にはプラモデルの制作会やお絵かき大会など、大人と子どもが一緒に楽しめるさまざまなイベントを開催。「子どもが、親以外の大人から、いい意味で刺激を受ける場でもありたいんです」と、中村さん。

取材時は、成人した男性が訪れて駄菓子を袋いっぱいに買っていく姿も見られました。

所狭しと並べられた駄菓子を見ていると「これ好きだったな」「ん、これは知らないぞ」と、新旧の駄菓子に心踊らされること必至です。

 

ポイント

ヤギサワベース

◎042-452-5905
◎西東京市保谷町3-25-15
公式ホームページ

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.