今度はひばりが丘で給食用農産物販売

新型コロナウイルスの影響による臨時休校で使われなくなった学校給食用の農産物を特別販売する催しが、3月15日(日)午前10時から正午まで、ひばりヶ丘駅南口駅前広場のイベントスペースで実施されます。

200円で販売されるのは、ほうれん草500グラムなどで、ほかに、「長ネギ3本」「小松菜500グラム」「きゅうり3本」となっています。

100円で販売されるのは、大根1本です。

8日(日)に田無駅北口前で同じ販売会を実施したところ、1時間足らずで販売終了となったとのことです。売り切れ次第終了なので、購入したい方は早めのお出かけをお勧めします。

詳しくは西東京市のホームページをご参照ください。

http://www.city.nishitokyo.lg.jp/kosodate/kyoiku/school_kyusyoku/nousanbutu.html

【関連記事】

給食用農産物を200円で 3月8日に西東京市

編集部おすすめ

1

ウェブサイト上で開催中の「ゆるキャラグランプリ(以下GP)」で、西東京市に突如現れた新星の「キャベッツさん」が大健闘しています。 全国394キャラクターがしのぎを削るなか、投票締切まで約2週間に迫った ...

2

東久留米市・西東京市・東村山市・清瀬市をエリアとする「JA東京みらい」では、農産物の直売所を運営しています。 そのうち、東久留米にある「新鮮館」は、2020年夏にリニューアル(移転)オープンしてより利 ...

3

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている飲食店を支援するため、清瀬市では、登録飲食店で使えるプレミアム付きのチケット「#清瀬エール飯チケット」を10月3日に販売します。 7月にも販売したもので、今回 ...

4

武蔵野美術大学教授で彫刻家の脇谷徹さんの作品を200点以上展示する企画展「脇谷徹―素描ということ」が、9月21日(月・祝)から10月24日(土)まで、武蔵野美術大学 美術館・図書館で開かれます。 脇谷 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.