子どもの野外活動支え41年 「杉の子会」にボランティア賞

子どもたちに自然体験を――。

ボランティアの力で41年にわたり子ども対象の野外活動などを行っている西東京市の市民団体「杉の子会」が、昨秋、「世界のボランティアの父」と評される人物にちなんだ賞を受賞しました。

その活動からは、地域ぐるみで子どもを育てることの意義が見えてきます。

「杉の子会」活動の様子

キャンプ、ハイキング、スキーなど野外体験

「杉の子会」は、小学1年生から中学3年生までを対象に、年6回、キャンプやハイキング、スキーなどを行う市民団体です。

子どもたちは現在101人が登録しており、その活動を、高校1年生以上の「リーダー」がサポートしています。

リーダーは高校生から上は70代まで75人。企画から下見、実施まで、すべてボランティアで行っています。

 

保育園の卒園生から発足し、地域活動に発展

同会の発足は1975年。西東京市新町にある「柳橋保育園」の卒園生を中心に始まり、次第に、地域の子どもたちを受け入れるようになりました。今では、同園関係者の入会は約半数にとどまります。

地域に根付いて子どもたちを広く受け入れた利点は多いそうです。

参加者だけでなくボランティアも多世代にわたるため、地域の中での幅広い交流が促されやすい面があります。特に災害時などを想定すると、共にキャンプで過ごした「仲間」が地域に多数いる状況は、避難の場面などで好条件となるとみられます。

 

アレックディクソン賞

任意団体で40年以上も子どもたちに野外体験の場を提供し続ける団体は珍しく、その活動には、昨秋、「アレックディクソン賞」(推進部門)が贈られました。

同賞はボランティア活動の発展に寄与したイギリス人のアレック・ディクソンさん(1014~94年)にちなむもので、日本ボランティア学習協会が2005年から主催しています。

表彰では、ボランティアで活動を支えてきたことなどが評価されました。

実際、活動においては、ボランティアの確保が最大の課題となっています。

安全確保のためには参加メンバーの数に比例してリーダーが必要ですが、登録者の大半が仕事を抱えているため、ボランティア参加できる人は限られてしまいます。こうした事情から現在では、以前は4泊5日で実施したキャンプも3泊4日に短縮せざるを得なくなっているそうです。

ほかにも運営費の面など苦労は絶えませんが、代表の原隆さんは「20年前、30年前以上に、私たちの活動が必要とされている」と話します。 活動の状況などを、以下のように語ってくれました。

「杉の子会」代表の原隆さん

代表・原さんの話

「今回、『ボランティア』の面が評価されましたが、私自身は、そんなに堅苦しい話ではないと受け止めています。

ここに集うのは、自然が大好きな人々です。『みんなで楽しもうよ』という気持ちで続けてきただけです。

もちろん、運営には苦労が伴います。1度でも事故を起こせば次はないと思っていますから、安全を確保する努力は惜しみません。

年に6回活動するためには、毎週のミーティングが必要ですし、救急の講座を受けるなど、リーダーのスキルアップも欠かせません。そういうベースを築いてくださった先代の方々には、頭が下がります。

現在は、以前よりも私たちの活動が必要とされています。

集団行動や自然体験の乏しい子が増え、キャンプなどでは、自分の殻を破れない子をよく見かけます。でも、3泊もすると、自力で動く喜びに目覚めていく。それを目撃できるのは、私たちにとって大きなやりがいであり、喜びです。

やっぱり根本にあるのは、私たち自身の「楽しさ」です。受賞を励みに、今後も活動を発展させていきたいです」(談)

* * *

なお、同会では、自然体験の豊富なボランティアスタッフを常時募集しています。

詳細は同会(042・461・3673)へ。

杉の子会(西東京市社会福祉協議会ページより)

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.