『ぽるか』を片手にまち歩き、ただいまVol.2配布中 ~ジャーナリスト楽校inこだいら『地元再発見!』~

小さな生花店や週末だけオープンする雑貨店など、大好きなお店に行くと必ず目にするフリーペーパー『ぽるか』。広げてみるとイラストマップを中心に、カフェやショップが写真付きで紹介されています。

どこが発行しているのかと紙面を探しても記載がなく……、そうなると誰が何のために作ったのか一層気になるもの。いろいろな人に尋ね、実際にデザインと執筆を担当した渡辺夕妃子さんを紹介してもらい、お話をうかがってきました。

フリーペーパー「ぽるか」

 

人にフォーカス

「もともとは西東京市にあるカフェ&ギャラリー『田無なおきち』が企画したフリーペーパー『Simples』が発端で、私が関わったのはVOL.2から。単なるショップ紹介ではなく、“人”にフォーカスした点がとても印象的でした。

小平版の『ぽるか』は、ちょうど共同でマップを作ろうとしていたショップオーナーたちと出会い、VOL.1を2013年の9月に発行しました」

と渡辺さん。

渡辺夕妃子さん

 

「散歩するか」→「ぽるか」

昨年12月に発行したVOL.2でもスタイルは変わらず、「吉祥寺や渋谷などに行かなくても素敵なところがあるよと伝えたかったし、自分たちが住んでいるまちの魅力を再発見してもらえたら」とも。

楽しげな名前は「散歩するか」が「さんぽるか」、さらに「ぽるか」になり、まちを散歩しながらショップを巡ってほしいという思いが込められているそうです。

折しも季節は春。『ぽるか』を片手にお目当てのショップを目指しつつ、小平の新しい魅力を発見しに出かけてみませんか。

配布店ほか詳細のお問い合わせは、prism@ray.ocn.ne.jpへ。 

(編集部注 ※この記事は、小平市の市民グループ「ジャーナリスト楽校」のメンバーによって書かれています)

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.