市民活動への影響多大 〜小平「あすぴあ」の調査から

75%が主催イベントの中止に

新型コロナウイルスは、市民活動にどのような影響を及ぼしているのか―—。

小平市民活動支援センター「あすぴあ」が4月上旬に市民活動団体にアンケート調査を実施し、17日にホームページで結果を公開しています。

78団体から回答を得た調査結果を見ると、主催イベント等の中止に追い込まれた団体は、75%強に当たる59団体。

会議の中止や参加予定のイベントの中止も過半数が経験しています(複数回答)。

 

メンバーの高齢化を背景に、再開に慎重な団体も

それぞれの日頃の活動については、終息が見えないなかで活動再開に慎重な団体もあり、「シニア世代が多く、感染の恐れがまったくなくなるまでは再開しない」「皆さんのリスクを考えると、再開の目処は立たない」といった声も出ています。

活動休止については「ストレスが溜まる」「収入が減った(=NPO法人等)」「活動対象としている子どもたちが心配だけど、成すすべがない」などの声が寄せられています。

調査時よりも、さらに公民館等の閉館期間が延長しているなか、新型コロナウイルスによる市民活動等への影響は、これからさらに広がっていきそうです。

なお、アンケート結果はこちら(https://kodaira-shiminkatsudo-ctr.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/04/bce353877f6b1168627758daed06dc62.pdf)から見られます。

小平市民活動支援センターあすぴあ

編集部おすすめ

1

新型コロナウイルス(以下「コロナ」)との闘いが長期戦になりそうな今、改めて見直したいのが、そもそもの「健康」や「免疫力」です。 清瀬市にある明治薬科大学でセルフメディケーションを専門に研究・指導する石 ...

2

多摩北部に隣接する所沢市。今、所沢がどんどん変わっています。 所沢市と株式会社KADOKAWAによる大規模商業・文化施設「ところざわサクラタウン」は、11月6日のグランドープン予定。 それに先駆け、一 ...

3

多摩六都科学館の夏の特別企画展「カラダで実験! アタマで納得! ロクト運動サイエンスパーク」が、7月18日から始まりました。 会期は8月30日まで。 開催日前日の7月17日に内覧会が開かれたので、その ...

4

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるこの夏、西武園ゆうえんち(所沢市)は制限を設けながらプール営業を行うことを発表しました。 開園は7月18日(土)で、20日(月)から22日(水)までの3日間を休 ...

5

昭和39年頃から平成15年頃までの東村山の写真を展示する企画展「写真でふりかえる東村山の出来事」が、8月30日(日)まで、東村山ふるさと歴史館で開かれています。 企画展のポスター   広報誌 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.