「#エール飯」から2カ月 いま、地域の飲食店は―—

新型コロナウイルスによる影響を特に大きく受けている地域の飲食店を救おうと、各地で取り組まれている「#エール飯」プロジェクト。

各店のテイクアウトメニューの情報をSNSでシェア・拡散する取り組みですが、その効果はどのようなものなのでしょうか。

地域の飲食店の現状や今後の展望について、東村山市と西東京市の関係者に取材しました。

 

北多摩で最初に取り組んだ東村山

現在、多摩北部の各市で実施されている「#エール飯」。多摩北部で最初に取り組んだのは東村山市です。

東村山市では、東村山市料理飲食店組合の主導のもと、西武信用金庫東村山支店の協力も得て、大分県別府市で展開されていた「#別府エール飯」の仕組みをそのまま持ち込む形でスタート。3月27日には市役所で記者会見も実施し、渡部尚市長も出席するなか、飲食店の窮状を訴えるとともに、テイクアウトメニューのPRを精力的に行いました。

「#東村山エール飯」をPRする、東村山市料理飲食店組合長の萩原繁郎さん(左)と、市内でバーを営む石岡敦さん

 

あれから2カ月。東村山エリアの飲食店はどのような状況なのか。

同組合の組合長を務める萩原繁郎さんが営む和酒と旬魚の店「DINING MOGU MOGU」を訪ねました。

 

4月の売上は55%減。テイクアウトの収入は大きかった

「生活が一変しましたね。夜中まで開けている店なので、完全に夜型の人間でしたが、いまはランチのお弁当を作るために朝5時起きです。

緊急事態宣言が解除されて、少しは夜の営業もできるようになりましたが、眠くなってしまって困っています(笑)」

苦しい状況にあるはずなのに、冗談も交えて明るく話す萩原さん。

東村山市料理飲食店組合組合長で、「DINING MOGU MOGU」オーナーの萩原繁郎さん(同店で)

 

「コロナ」以前はテイクアウトメニューは扱ってこなかった萩原さんですが、この2カ月で約2000食のテイクアウトメニューを販売したといいます。

「緊急事態宣言の間は夜の営業を休んだため、現金収入はテイクアウトメニューの販売分のみです。

当店の場合は、55%くらいの売上が減りましたが、それで済んだのはテイクアウトメニューのおかげです。

宣伝は、店先の看板と『#エール飯』のSNSだけ。『#エール飯』を見たと言ってたくさんの方が来てくださり、感謝しかありません」

  ◎東村山エール飯(記者会見時の記事)

 

組合の活動を休止に

そう話す萩原さんですが、ランチの弁当をたった一人で40食、50食と作るのは容易ではないはずです。

現状、飲食店の置かれている状況は過酷で、東村山市では、約80店が加盟していた料理飲食店組合の活動を当面休止にしました。休業の店も多く、会費徴収の面からも、できる限り負担を少なく―—との判断になったとのことです。

「今のところ、私が聞く限りでは、東村山で閉店になった店はありません」

萩原さんはそのように話してくれましたが、「コロナ」の収束は見えず、予断を許しません。

 

期間限定でお酒の販売なども実施

そのような状況のなか、「DINING MOGU MOGU」では、新たな取り組みも始めています。

持ち帰り用のお酒を期間限定で販売するもので、醸造量の少ない珍しい日本酒などを提供しているとのことです。

最後に萩原さんはこう話してくれました。

「飲食店だけでなく、酒蔵、問屋、さらには生花店や書店など、さまざまな業種が厳しい状況になっています。『#エール飯』のような新しいチャレンジをして、みんなで経済を回していければと願っています」

なお、萩原さんへのインタビューは、4分ほどの動画にまとめています。

動画(4分2秒)

 

西東京市では、「飲食店」ではない人たちから始まった

飲食店が主体になって取り組まれた東村山市に対して、飲食店関係者ではない人たちによって始まったのが西東京市の「#西東京まちめし」です。

西東京市では、駅前からの情報発信などを通して地域の活性化に取り組む「まちテナ西東京」が主体となり、東村山同様、先行していた「#別府エール飯」を参考にしながら、独自にマッピング機能を設けるなどして、プロジェクトを立ち上げました。

当初は10店舗ほどだった登録店は、「ステイホーム」が強調されたゴールデンウィーク前後に急増し、90店を超えるまでに。田無駅界隈などでは、「#まちめし」のチラシを貼り出す飲食店を見かけることも多くなりました。

企画者の一人で、地域のコミュニティ拠点「ひばりテラス118」の運営に携わる「一般社団法人まちにわ ひばりが丘」の事務局長を務める若尾健太郎さんは、「『SNSを見て買いに来てくれる人もいる』とのお店からの声が届いています」と話します。

「#まちめし」企画者の一人、若尾健太郎さん

 

「無料で作れるアプリで展開しているため、アクセス数などは測れないのですが、SNSの拡散力は実感しています。

また、地域のお店が統一デザインのチラシを積極的に掲示してくれているので、往来の人たちにも浸透しているように感じます」(若尾さん)

  ◎「西東京まちめし」(スタート時の記事)

 

情報掲載に飛び回る市民も

このような状況のなかで、市民の中から、精力的に情報をアップしてくれる人も現れたともいいます。

いろいろな店を訪ねては、その店に代わって情報をアップしているとのことで、ボランティアで飛び回っているそうです。

「こういう状況のなかで、自分も地域のために何かをしたい、という人が増えているように思います。

『#西東京まちめし』のような企画は、単純に売上面の成果だけでなく、そこに多くの人がかかわっていくという効果も重要です。

情報を通して、『コロナが落ち着いたら、そのお店に行こう』という人も増えるはずで、長い目で見ても効果がある取り組みだと思います」

若尾さんは、このように指摘します。

なお、今後については、テイクアウトメニューのPRだけでなく、「このお店はこんな『コロナ対策』をしているという情報の発信をしていければ」と計画しているそうです。

若尾さんへのインタビューを4分30秒ほどの動画にまとめています。

動画(4分38秒)

 

各市の「#エール飯」

「#エール飯」はインターネット上で情報をシェアしていく仕組みで、東久留米市や清瀬市などでも行政もかかわる形で展開されています。

それぞれ、「#(ハッシュタグ)」をつけて、Facebook、Twitter、インスタグラムなどで情報が見られます。

また、小平市では、独自の企画による「フード応援プロジェクト」などが続けられています。

[関連記事]

東村山でエール飯

西東京「まちめし」

テイクアウト 東久留米でも

小平フード応援プロジェクト

[リンク]

西東京まちめし

東村山エール飯

東久留米エール飯

清瀬エール飯

こだいらフード応援プロジェクト

 

2020/6/10

#清瀬エール飯で、超お得な「チケット」を販売 7月からを予定に

地域の飲食店のテイクアウトや宅配サービスなどを支援する「#清瀬エール飯」を展開する清瀬市は、7月の売り出しの予定で、お得な食事チケットを販売します。 登録店で使える金券で、なんと3000円分を2000円で購入できます。プレミアム率としては異例の50%となっています。   発行は3000枚程度 ただし、清瀬市の「#清瀬エール飯」は、登録店を増やしている段階なので、行きたい店があるかを確認してから購入枚数を決めるほうが無難かもしれません。 チケットは3000枚程度を発行する予定とのことで、売り切れた ...

ReadMore

2020/5/26

地域を結ぶテイクアウト&デリバリー  こだいらフード応援プロジェクト

初の取り組みで、自治会のおまとめ発注も 「『コロナ』をきっかけに地域を結びつけろ!」。 苦境にあえぐ地域の飲食店の魅力をこの機会に広く知ってもらおうと、小平市で先月から「こだいらフード応援プロジェクト」が行われています。各店のテイクアウトメニューを指定場所まで届けるデリバリーサービスもあり、先日14日には、自治会がまとめて注文するという試みも行われました。自治会にとっては久々にメンバーが顔を合わせる機会にもなり、今後の継続が期待されています。 当日の様子を取材してきました。3分40秒ほどの動画にまとめてい ...

ReadMore

2020/4/21

テイクアウト「#エール飯」、東久留米でも

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、多くの飲食店がテイクアウトメニューに力を入れているなか、SNSを活用して地域のお店をもり立てていこうという取り組みが全国的に広がりを見せています。 「#エール飯」や「#まちめし」などの「#(ハッシュタグ)」をつけてテイクアウトメニューをSNS投稿していくもので、大分県別府市での取り組みが全国に波及し、多摩北部でも、3月下旬に東村山市、先日から西東京市でも活動が始まっています。 そんななか、このほど、東久留米市でも取り組みがスタートしました。 東久留米市、東久留米市商 ...

ReadMore

2020/6/24

「#西東京まちめし」スタート

テイクアウトで飲食店支援!   「#西東京まちめし」でSNS投稿を 新型コロナウイルスの終息が見えず、飲食店が大きな打撃を受けているなか、「テイクアウトで地元の飲食店を支えよう」という活動が西東京市で始まりました。 テイクアウトした料理をツイッターなどのSNSに「#西東京まちめし」を添えて投稿し、地元でのテイクアウトを盛り上げていこうというものです。 大分県別府市で始まったといわれる取り組みで、先月、東村山市でもスタートしています(=記事はこちら)。 各市とも、「市民一人が一食テイクアウトすれば地域の飲食 ...

ReadMore

2020/6/10

飲食店がテイクアウトに活路 「#東村山エール飯」

飲食店の“新型コロナウイルス不況”をテイクアウトで乗り切る! 新型コロナウイルスの影響で多くの飲食店が大打撃を受けているなか、料理のテイクアウトに活路を見いだそうという取り組みが東村山市で行われています。 消費者・料理店ともに、テイクアウトメニューを写真に撮り、「#東村山エール飯」のハッシュタグを添えてSNS(Facebook、Twitter、インスタグラム)に投稿しようというものです。 各店の特色や工夫を共有することで、テイクアウトメニューへの関心を喚起し、地域の飲食を盛り上げていく狙いです。 「#東村 ...

ReadMore

「地域のお店が続いてほしい」  「#西東京まちめし」で約20店舗に声かけた市川さん談話

飲食店のテイクアウトメニューをSNSでシェアしようというプロジェクト「#西東京まちめし」。 その取材過程で、手弁当で地域の飲食店に「#まちめし」参加の呼びかけを続けた市民がいることを知りました。その名 ...

編集部おすすめ

1

『よく分かる気学(東洋占星術)入門』など著書多数の野村徳子さんが鑑定 暑中お見舞い 申しあげます。 7月はバカンスの季節とはいえ、今年はいつもと違う夏。どこへ行くにもまずコロナ対策。そして熱中症にも要 ...

2

感染者数が高止まりしているとはいえ、ひとまずは「外出自粛」「ステイホーム」などが解かれ、「新しい生活様式」のなかで日常生活が戻りつつある今。 このタイミングで改めて、地域医療を見つめてみました。 する ...

3

東久留米市に2店舗がある「スーパーコインランドリーしのみや」は、洗濯から乾燥までワンストップでできる、生活に便利なコインランドリーです。 大型、中型、小型と各機種があるので、量に合わせて無駄なく洗濯が ...

4

9月から使える「お食事券」を先に買ってください――。 新型コロナウイルスの影響で売上減少に苦しむ東久留米市の約30の飲食店が、このたび合同で、支援を呼びかけるクラウドファンディングに挑戦しています。 ...

5

武蔵野美術大学(小平市)内にある「武蔵野美術大学 美術館」で、7月中の日曜日の5日、12日、19日、26日の4日にわたり、「令和元年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開かれます。 大学 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.