日枝神社(小平市)

小川寺、小平神明宮といった「小川村」開拓の中心地に並ぶようにして鎮座しているのが、日枝神社です。

やはり、小川村開拓の祖・小川九郎兵衛が、神主・山口大和守求馬と協力して、1858年(万治元年)に江戸麹町(現・千代田区永田町)の日枝神社の分祀として祀ったのが興りです。

当初は、現在地より100メートルほど西寄りにあったとされ、当時の地図では、用水路に沿って立地しています。そのころは日吉山王社として祀られており、地元では、今も「山王さま」と親しまれています。

こぢんまりとした神社です。21秒ほどの短い動画で、雰囲気を感じてみてください。

動画(21秒)

 

農耕、治水の神を祀る

日吉山王社と日枝神社のつながりは、分祀元でもある現・永田町にある日枝神社が、江戸三大祭の「山王祭」を行っていることからも明確です。

主祭神の大山咋神(おほやまくひのかみ)は、比叡山と縁が深く、中国天台山の鎮守「地主山王元弼真君にちなんだ「山王」の別名を持ちます。

大山咋神は、農耕、治水の神。開拓に取り組む村で、用水路のそばに祀られるのは、ごく当然のことだったのでしょう。

同時に、江戸麹町の日枝神社は江戸城の鎮守でもあり、あやかりたいという願いもあったことと想像されます。

現在の素朴な佇まいからはイメージしにくいですが、当時、衆人崇敬の社だったそうです。

 

大風のため、現在地に移転

わずか100メートルほどの移転ですが、同社は鎮座から約100年後の1755年(宝暦5年)に現在地に移転しています。

理由は、大風による神殿の破損でした。

破損したのは1751(宝暦元年)の8月と伝わっており、移転に4年を要しているのは若干の謎として残ります。

修復を試みる期間があったのか、あるいは、場所の選定に戸惑ったのか……。

現在の社は、そんな過去など素知らぬように、ひっそりと江戸を向いて鎮座しています。

日枝神社に改称されたのは、1868年(明治元年)のこと。いうまでもなく、新政府による神仏分離令によるものでした。

 

暮らしの中の神社に浸る

日枝神社の歩き方は、なんといっても、静に流れる時を楽しむことにあるといえるでしょう。

すぐに見通せる、こぢんまりした神社です。必見のポイントがあるわけでもありません。

しかし、境内を散歩する幼児と母の姿などを眺めていると、この場所を中心に素朴な営みが300年以上も続けられてきたことに思い至ります。

無人でありながら、きちんと管理されていると一目で分かる境内。その中に身を置くと、ここが地域の人々に親しまれていることが実感できます。

あるいは本来神社は、そのように、暮らしに身近であり続けるものなのかもしれません。

なお、近くに、小平神明宮、小川寺があり、併せて歩いてみることをお勧めします。また、すぐそばの竹内家の大ケヤキも必見です。

データ

小平日枝神社

◎例祭日 4月8日
◎042-341-3170
◎小平市小川町1-303


 

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.