東大生態調和農学機構(東大農場)

「東大農場」と地域で親しまれる「東京大学大学院農学生命科学研究科附属 生態調和農学機構」は、東京大学の農学の研究拠点です。

西武新宿線「田無駅」から徒歩15分ほどのところにあり、都市部にいながら市民が自然を感じられる場として知られています。

祝日を除く火曜日から金曜日までは、公開エリアに限り、散策が可能です。

かつては園内にサイロなどもあり、「北海道のような景色」と親しまれていました。

現在はキャンパスの長期整備中で、2023年春まで、園内のごく一部の公開にとどまっています。
見学可能エリア

なお、見学は自由にできますが、研究機関のため、ペット同伴禁止など、細かくルールが決まっています。事前に確認して見学してください。
見学要領

東大農場

 

観桜会、ハス見本市

この「東大農場」で特に市民に親しまれているのが、春に行われる観桜会と、6月頃のハス見本市です。

観桜会は、桜並木の満開の頃に合わせて日曜日も公開するものです。

一方のハス見本市は、同園が育成する200種類以上の観賞用ハスを一般公開するものです。

同園で育成、品種登録したハスも複数あり、ここでしか見られないコレクションとなっています。

例年、公開日には花好きや写真愛好家でにぎわいます。

 

農場博物館

東大農場には、かつての乳牛舎を補修して作った「農場博物館」も公開されています。

東京大学が集めてきた農機具などを一般公開するもので、市民ボランティアも関わり運営されています。

なお、こちらは、キャンパス整備のため、現在は休館中です。
農場博物館の案内

 

東大農場と西東京市

東大農場は駒場から移転する形で1935年に現在地に拓かれ、食品安全、環境保全、農林生態系の管理手法、園芸科学などさまざまな研究・教育を行う場として、利用されてきました。

かつては乳牛なども飼育し、「東大牛乳」として販売されたことなどもあります。

最近では緑地としての存在感が高まり、都市部の貴重な緑として市民から親しまれていましたが、2003年に、千葉市への移転が発表され、「田無」は売却が模索されたことがありました。

このとき西東京市民の間で、田無の地での農場存続を願う市民運動が起こり、「東大農場のみどりを残す市民の会」が発足。約4万6000筆の署名を添えて東京大学に直訴するといった運動があり、それらが実って、計画撤回、西東京市に残ることになったという経緯があります。

観桜会、ハスの見本市などには多くの市民が足を運ぶ

 

キャンパス計画で道路が横断

もっとも、キャンパス再編計画の一部は残り、現在、キャンパス整備工事が行われています。

計画では敷地の一部を都道「西東京3・4・9号線」が横断し、都道に面して、総合研究実験等などの建設が予定されているほか、地域連携の強化なども打ち出されています。キャンパス整備は2023年3月までの予定です。
計画概要

データ

東大生態調和農学機構(東大農場)
◎042-463-1611
◎西東京市緑町1-1-1
ホームページ
ツイート

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.