東久留米に話題の樹木葬 6人まで個別の「アルヴェアージュ」

樹木葬なのに個人所有のように使えると人気の「フラワージュ」。そのシリーズの新作「アルヴェアージュ」が、このほど「メモリアルガーデン東久留米」に登場しました。

最大で6人まで、1スペースを共有できるという新システム。売り出し区画は限られているので、気になるなら早めの問い合わせがお勧めです。

「アルヴェアージュ」と九谷焼のオリジナル骨壺「六華(ろっか)」

 

区画を家族で占有

このほど東久留米に登場した「アルヴェアージュ」は、1区画を夫婦や家族で占有できるのが大きな特徴の樹木葬です。小平で生まれた樹木葬「フラワージュ」のコンセプトを引き継いでおり、墓地周辺は、四季折々の花であふれます。

埋葬の特徴である「個室」は、最大6人まで共有でき、その設定も人数に合わせて変えられます。例えば、3人利用なら99万円~、4人利用なら125万円~、という具合(消費税込み、以下同)。自分たちに合わせて無駄なく利用ができるのがうれしいですね。

なお、一人で利用する場合だけは“相部屋”となります。

個室のそばには名前を刻印したプレートも設置されるので、いつ参拝に来ても納骨先はすぐに見つけられます。まさしく、個人所有の感覚で利用できるゆえんです。

 

九谷焼の専用骨壺「六華」

肝心のお骨は、専用の骨壺「六華(ろっか)」に一体ずつ納めるので、家族間であっても、遺骨が交ざることはありません。この「六華」は、九谷焼の6色の骨壺で、職人が手作りしたものです。

なお、家族などで申し込む場合は、登録した最後の人が納骨された5年後に、全員が合祀となります。

無縁仏にならずに墓じまいができる配慮がされています。

気になる料金は、1人利用なら37万円~。6人で利用する場合の最高額は187万円です(納骨スペースは上下2段で、納骨場所により料金が異なる)。

この費用には、年間の管理料、年2回の合同法要なども含まれており、追加料金はありません。

メモリアルガーデン東久留米にある「アルヴェアージュ」

 

高まるニーズ

先行販売された区画に早くも問い合わせが多数寄せられるなど話題となっている「アルヴェアージュ」ですが、その背景には、樹木葬自体の人気の高さがあります。

少子化や死生観が変わるなか、現在では、新規に墓石を求める人のほぼ半数が永代供養墓を選んでいるという実情があります。

そうしたなかで今回の「アルヴェアージュ」は、「承継者がいない」「夫婦二人だけで入れるお墓があればいい」といったニーズにはもちろん、「地方の代々の墓を『墓じまい』したい」といった要望にも、その受け入れ先として活用されそうです。

詳しくは、気軽に問い合わせを。

見学は随時可能です。来園者には、樹木葬を解説する「樹木葬ガイドブック」と、墓じまいについてまとめた「墓じまいガイドブック」が無料でプレゼントされます。

同墓地は駐車場完備で、バス利用も便利。住所は東久留米市八幡町3の16の40。

なお、樹木葬「アルヴェアージュ」は小平駅そばの老舗石材店「松戸家」が手がけています。

見学予約など、詳しくは松戸家(0120-980-015、https://www.mazdoya.co.jp/)へ。


2020/5/2

総合仏事の「松戸家」

「供養を身近に」をモットーに 伝統から斬新企画まで 多彩に提供する総合仏事店 小平駅そばに本社を置く「松戸家」は、創業100年を超える老舗石材店です。 「供養をもっと身近に」をモットーにする松戸家では、一般墓はもとより、樹木葬、仏壇、手元供養などの提供を幅広く行っています。さらに、葬儀や法要の手配も行っており、仏事全般を任せられる会社です。 本社にあるお墓・仏壇のショールームや、注目の樹木葬「フラワージュ」、オリジナル商品などを動画にまとめました。まずはこちらからご確認を! 動画(1分3秒) 小平発で全国 ...

ReadMore

2020/4/14

「松戸家」に聞く 樹木葬・お墓のこと

樹木葬や散骨を選ぶ人が増えている昨今。継承者がいない、子や孫に面倒をかけたくないといった理由から、「墓じまい」をする人も増えています。 自分たちのお墓をどうするべきか迷っている人に向け、100年以上の歴史を持つお墓の老舗「松戸家」の樹木葬・墓じまいアドバイザーで、同社がつくる「未来のお墓研究所」チーフ研究員でもある戸塚森比古さんにお話を聞きました。 まずは「樹木葬」について、約8分のインタビューにまとめています。お墓を考えていくヒントにご活用ください! 動画インタビュー 「樹木葬」テーマに 「松戸家」は、 ...

ReadMore

2020/3/3

無料で耐震診断 鈴木住研

3・11から9年 我が家の耐震は? 3・11から9年。地震は突然やってくる。この節目に、我が家の耐震性を確認してみては?   地域密着で創業60年以上の「鈴木住研」では、地域貢献事業として無料で耐震診断を行っている。 「地震への不安をなくし、“安心な暮らし”を提供したい。その障壁となる費用負担を減らすことが目的です」  と同社の鈴木芳邦代表(一級建築士)。 無料診断は、基本的には2000年以前の木造家屋が対象。増改築などで耐震性に不安のありそうな場合などは、2000年以降の木造家屋でも無料で検査している。 ...

ReadMore

2020/8/25

自宅+永代で供養「棲家」 「松戸家」が提案する新しいスタイル

家に“お墓”があればいつでも手を合わせられる――。 お墓のあり方が多様化するなか、自宅に遺骨を保管する「自宅供養」と最終埋葬先の「永代供養墓」がセットになった「松戸家」提案の「棲家(すみか)」が話題になっています。 詳しく取材しました。   いわば 「自宅にお墓」 自宅供養は、文字通り、自宅で遺骨を保管し、供養していくことです。 棲家では、「sumika」という名の納骨仏壇を設置し、遺骨や遺影を保管できます。 形状こそ仏壇と同じだが、宗教色はなく、大切な人を毎日そばに感じ、手を合わせていけるのが ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

9月23日は二十四節気の秋分。太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等分です。 季節はこれから「陰」の気を深くしながら、秋の夜長へと移行していきます。空気も澄んで、夜空に輝く月もひときわ美し ...

2

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

3

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

4

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

5

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

6

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

7

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

8

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

9

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.