コロナ禍でぼくたちにできること! 小5児童ら各所に感謝状

新型コロナウイルス感染症が流行するなかで、自分たちにも何かできることはないか――。

そんな思いから、小平市立小平第三小学校の5年生の児童たち(114人)が、地域の各所に感謝状を贈っています。

始まりは、春先の休校中のこと。非常事態宣言が出され、「ステイホーム」が叫ばれるなか、「自分たちにも何か社会のためにできることはないだろうか」と児童たちが考えたのがきっかけでした。

「感謝状を作って贈るのはどうだろう?」

そんな相談を受けた木田明男校長が背中を押すと、取り組みは5年生全体に広がりました。これまでに約100枚の感謝状を作り、市役所、新聞社、警察署など各所に贈っています。

感謝状は、A4サイズのケント紙に手書きの文字と学校のキャラクターである「三小(ミコ)ちゃん」などのイラストを添えた手作りのものです。

贈った先から「このような感謝状をもらえるとは!」と逆に感謝の声が寄せられることもあるそうです。

バス会社「銀河鉄道」の職員に感謝状を手渡す小平第三小学校の5年生たち

 

6年生の移動教室実施に感謝

直近では、9月15日、16日に6年生の移動教室が実施されたことに関し、バスを運行した「銀河鉄道」(本社:東村山市)に感謝状を贈りました。

6年生の移動教室(修学旅行)は多くの自治体が中止していますが、同校では「一生に一度の思い出だからなんとしても行かせたい」と実施を模索し、宿舎の「密」を避けるために2泊3日の予定を1泊2日に縮小して実現しました。

110人の児童全員が参加した道中では、密集・密接などを防ぐことに配慮し、移動時のバスでは、こまめな車内消毒や換気が徹底されたといいます。また、バス内のレクリエーションができないため、代わりにバスガイドが観光案内などを精力的にしてくれたそうです。

今回はそうしたことへの感謝状贈呈で、木田校長は「学校からの働きかけではなく、児童たちが自発的に行っていることに価値があると思って、見守っています」と話しています。

小平市立小平第三小学校

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.