コロナ禍でぼくたちにできること! 小5児童ら各所に感謝状

新型コロナウイルス感染症が流行するなかで、自分たちにも何かできることはないか――。

そんな思いから、小平市立小平第三小学校の5年生の児童たち(114人)が、地域の各所に感謝状を贈っています。

始まりは、春先の休校中のこと。非常事態宣言が出され、「ステイホーム」が叫ばれるなか、「自分たちにも何か社会のためにできることはないだろうか」と児童たちが考えたのがきっかけでした。

「感謝状を作って贈るのはどうだろう?」

そんな相談を受けた木田明男校長が背中を押すと、取り組みは5年生全体に広がりました。これまでに約100枚の感謝状を作り、市役所、新聞社、警察署など各所に贈っています。

感謝状は、A4サイズのケント紙に手書きの文字と学校のキャラクターである「三小(ミコ)ちゃん」などのイラストを添えた手作りのものです。

贈った先から「このような感謝状をもらえるとは!」と逆に感謝の声が寄せられることもあるそうです。

バス会社「銀河鉄道」の職員に感謝状を手渡す小平第三小学校の5年生たち

 

6年生の移動教室実施に感謝

直近では、9月15日、16日に6年生の移動教室が実施されたことに関し、バスを運行した「銀河鉄道」(本社:東村山市)に感謝状を贈りました。

6年生の移動教室(修学旅行)は多くの自治体が中止していますが、同校では「一生に一度の思い出だからなんとしても行かせたい」と実施を模索し、宿舎の「密」を避けるために2泊3日の予定を1泊2日に縮小して実現しました。

110人の児童全員が参加した道中では、密集・密接などを防ぐことに配慮し、移動時のバスでは、こまめな車内消毒や換気が徹底されたといいます。また、バス内のレクリエーションができないため、代わりにバスガイドが観光案内などを精力的にしてくれたそうです。

今回はそうしたことへの感謝状贈呈で、木田校長は「学校からの働きかけではなく、児童たちが自発的に行っていることに価値があると思って、見守っています」と話しています。

小平市立小平第三小学校

編集部おすすめ

1

東村山音頭などを通して「東村山」の名を全国に広めた同市出身のコメディアン・志村けんさんへの感謝と敬意を込め、その銅像を東村山駅前に建てようというプロジェクトが始まっています。 「一人でも多くの人に参加 ...

2

「ケンタって、監督でもすごいんだね〜」 そんな声が聞こえてきそうな企画が始まります。 小平市に練習拠点を置くサッカーJ1「FC東京」の長谷川健太監督が10月4日の湘南ベルマーレ戦でJ1リーグ通算200 ...

3

地域密着を掲げる「ひばりが丘PARCO」が、10月23日(金)から11月15日(日)まで、展示を中心にしたイベント「We Love ひばりが丘2020」を開きます。 展示物で地域をより詳しく紹介してい ...

4

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペー ...

5

マスクをしなきゃいけないけど、常に着けているのはわずらわしい。でも、カバンに出し入れするのも面倒で……。 そんな悩みを解消する新商品の情報が、編集部に届きました。 考案したのは、東久留米市の主婦。そし ...

6

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」 カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1 ...

7

「食べて健康になる」をスローガンに 「キッチンファクトリーMoe」は、毎日の栄養バランスを考えた弁当・惣菜・ランチバイキングのお店で、栄養士の夫婦が2017年にオープン。「食べて健康になる」をスローガ ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.